コース要綱

2017刑法I(総論)

[講義基本情報]

教員: 齊藤彰子
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅲ期
対象年次: 2年
開講時限: 水1 水2
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要  刑法とは、犯罪と刑罰について定めた法律であり、犯罪の成立要件と、犯罪が成立した場合にどのような法的効果が予定されているかを学びます。刑法は通常、総論と各論に分けられますが、本講義の対象となる総論では、全ての犯罪に共通の成立要件について学修します。
 Ⅰ 序論
 Ⅱ 犯罪論概観
 Ⅲ 構成要件該当性
 Ⅳ 違法性
 Ⅴ 有責性
 Ⅵ 未遂犯
 Ⅶ 共犯
到達目標  刑法各論の前提となる犯罪論体系の解釈を学ぶことを目的とします。

教科書  特になし。
参考書・参考資料 ①西田典之・山口厚・佐伯仁志『刑法判例百選Ⅰ総論[第7版]』(2014年、有斐閣)
②山口厚『刑法総論[第3版]』(2016年、有斐閣)
③井田良『講義刑法学・総論』(2008年、有斐閣)
④大谷實『刑法講義総論[新版第4版]』(2012年、成文堂)
⑤松宮孝明『刑法総論講義[第4版]』(2009年、成文堂)
⑥西田典之『刑法総論[第2版]』(2010年、弘文堂)
⑦佐伯仁志[編]『確認刑法用語250』(2011年、成文堂)
成績評価方法  期末の試験によって判定します。
履修条件  特になし。
その他の注意  [参考書・参考資料]欄に挙げたもののうち、①は、授業中適宜参照しますので、各自で購入して授業に持参してください。また、授業は配布するレジュメにそって進め、特定の基本書を教科書として指定することはしませんが、予習・復習のため、[参考書・参考資料]欄に揚げた②~⑥を参考に、各自1冊は基本書を購入してください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

各回のテーマおよび講義内容については、講義計画見よ。

Assignments Summary:

日付 詳細