コース要綱

2017知的財産法

[講義基本情報]

教員: 鈴木將文
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅴ期 Ⅶ期
対象年次: 3年 4年
開講時限: 火3 火4
単位数: 4
必修の有無:
教室: アジア法交流館レクチャー1

 

講義概要 知的財産法、すなわち、特許法、著作権法、商標法などの知的財産に関する法制度について、基本的事項を学ぶ。
到達目標

1.知的財産法の基本的事項について理解する。

2.知的財産法を通じ、より広い法分野(民法、行政法等)における原則が具体的問題でどう機能しているかを学ぶ。

3.知的財産法を通じ、経済及び文化に関する制度・政策において法制度が果たす役割について学ぶ。

教科書

レジュメを配布する。

参考書・参考資料

 次の2冊については、講義と並行して用いることを勧める(講義レジュメにおいて、対応するページを示す。)。

・平嶋竜太=宮脇正晴=蘆立順美『入門知的財産法』(有斐閣、2016年)

・大渕哲也編『知的財産法判例集〔第2版〕』(有斐閣、2015年)

 その他、参考文献については講義で紹介する。

成績評価方法 期末試験による。

履修条件 特になし。

その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 知的財産法総論(1)4/11 知的財産法の役割・位置づけ 第1回講義レジュメ.docx
2 知的財産法総論(2)4/11 知的財産法の概要
3 特許法(1)4/18 特許法の目的・位置づけ 第2回講義レジュメ(特許1)-1.docx
4 特許法(2)4/18 特許の保護対象、特許要件
5 特許法(3)4/25 発明者、特許を受ける権利 第3回講義レジュメ(特許2).docx
6 特許法(4)4/25 職務発明
7 特許法(5)5/09 権利取得の手続、審判・審決取消訴訟
8 特許法(6)5/09

特許権の効力、権利侵害

9 特許法(7)5/16 権利侵害
10 特許法(8)5/16 権利侵害
11 特許法(9)5/23 特許権の利用
12 著作権法(1)5/23 著作権法の目的・位置づけ
13 著作権法(2)5/30 著作物
14 著作権法(3)5/30 著作者
15 著作権法(4)6/13 著作権
16 著作権法(5)6/13 著作権、著作権の制限
17 著作権法(6)6/20 著作権の制限
18 著作権法(7)6/20 著作者人格権
19 著作権法(8)6/27 著作隣接権、権利侵害
20 著作権法(9)6/27 権利侵害、著作権の利用
21 商標法・不正競争防止法7/04 標識・表示の保護
22 商標法・不正競争防止法(2)7/04 標識・表示の保護
23 意匠法・不正競争防止法7/11 デザインの保護
24 不正競争防止法7/11 不正競争防止法の概要
25 国際知的財産法7/18 知的財産関係条約
26 国際知的財産法7/18 知的財産を巡る国際的動向

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/XDNNGW

Assignments Summary:

日付 詳細