コース要綱

講義名
[講義基本情報]

教員: 和田肇
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅴ期 Ⅶ期
対象年次: 3年 4年
開講時限:

火3 火4

単位数: 4単位
必修の有無:
教室: -

 

講義概要  多くの人間にとって、労働は生活の糧を得る手段であり、かつ、自己の価値を見出す機会でもある。したがって、労働はお金を稼ぐ手段というだけでなく、人たるに値する生活を送る上でも重要である。
 本講義では、募集・採用から会社を辞めるまでの労働に関係する生活全般における法的ルールとその背景にある考え方の理解をすすめることを目的とする。
 このような労働法に関する基本的知識の習得に加え、現に社会問題化している労働問題(たとえば性差別、過労死など)の状況や新しい展開についても、共に考えてみたい。
到達目標  労働法の知識の習得および応用。労働法に関する問題に対し、自ら考え、一定の結論を出せる力の習得を目指す。
教科書 和田肇、相澤美智子、緒方桂子、山川和義『労働法』(日本評論社、2015年)
参考書・参考資料

菅野和夫『労働法 第10版』(弘文堂、2012年)

荒木尚志『労働法 第2版』(有斐閣、2013年)

西谷敏『労働法 第2版』(日本評論社、2013年)

中窪裕也・野田進『労働法の世界 第11版』(有斐閣、2015年)

村中孝史・荒木尚志編『労働判例百選 第8版』(2009年)

土田道夫・山川隆一編『労働法の争点 第4版』(2014年)
成績評価方法 試験ないしレポートの成績による。
履修条件 憲法および民法(総則、契約法、不法行為等)の事前履修が望ましい。
その他の注意 -

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 労働法の仕組み 労働法にはどんな法律があるか。

別途指示

(以下同じ)
2 労働法の過去・現在・未来 労働法はどう変わってきたか。
3 労働者 労働法は誰に適用されるのか?
4 労働組合 労働組合は何のためのどのような集団か。
5 使用者 労働法上の様々な責任を負う主体は誰か。
6 採用のプロセス 内定から就労開始、試用期間までの法律関係
7 労働条件の決定とシステム① 労働契約内容の決定方法の理解。就業規則の理解。
8 労働条件の決定とシステム② つづき
9 多様な雇用形態と法① いわゆる非正規雇用に関する諸問題―有期雇用、パート、派遣
10 多様な雇用形態と法② つづき
11 賃金① 賃金決定の仕組み、支払い確保規制、最賃法
12 賃金② つづき
13 労働時間とワーク・ライフ・バランス① 多様な労働時間規制
14 労働時間とワーク・ライフ・バランス② 労働時間規制と労働者の健康
15 自由・人格的利益・プライバシーの保護① 職場におけるハラスメントに関する法的問題
16 自由・人格的利益・プライバシーの保護② 労働憲章とその意義
17 雇用平等① 労基法3条、4条、男女雇用機会均等法
18 雇用平等② つづき、多様な差別とその法規制
19 健康・安全の保護と災害補償① 労働安全衛生、労災保険制度について
20 健康・安全の保護と災害補償② 過労問題、労災民訴
21 企業内でのキャリア形成① 共働きで子育てしている家庭の妻が遠隔地への配転を命じられたが、どのような問題となるか。
22 企業内でのキャリア形成② 出向、転籍、人事考課
23 団体交渉と労働協約① 団体交渉に関する法規制と紛争
24 団体交渉と労働協約② 団体交渉の成果の担保
25 組合活動と争議行為 団体交渉に関する法規制と紛争
26 不当労働行為とその法的救済 使用者が労働組合に対して、してはならない行為とは何か。労組と使用者の紛争解決システム
27 雇用関係の終了と承継① 解雇に関する法規制と紛争
28 雇用関係の終了と承継② 解雇以外の労働契約の終了と紛争
29 セーフティネットと法 失業時保障、再就職に関する法制度
30 労働関係紛争の解決システム 労働審判、個別労働関係紛争解決処理システムなどの多様な紛争解決、処理制度の概観
     

 

Assignments Summary:

日付 詳細