コース要綱

:(9300014)民法基礎Ⅰ

[講義基本情報]

教員: 池田 雅則
その他の教員:
科目種別: 法律基本 民事系
開講時期: 春学期
対象年次: 1年(3年コ-スのみ)
開講時限: 火1
単位数: 2
必修の有無: 必修
教室:

 

講義概要 民法第一編総則に規定されている法制度を中心に,以下の内容を講義する。
(1)民法とはどのような法律か,また,民法典はどのような構造を有するか。
(2)民法の基本原理,私権の基本原則とは何か。
(3)法律行為とは何か。法律行為の成立,解釈,有効性に関しどのような法制度が用意されているか。
(4)自己に代わって他人に法律行為をしてもらうための代理制度は,いかなる内容を有しているか。
(5)時効制度は,いかなる内容を有しているか。

本講義は、『法科大学院における共通的な到達目標』を踏まえつつ,具体的授業内容を設定している。
到達目標 (1)民法の基本理念と私法における財産に関する基本的な制度を正確に理解できる。
(2)法律行為に関する諸制度や基礎理論,時効制度を正確に理解できる。
(3)上記(1)(2)において得られた知識を具体的な問題に当てはめることができる。
(4)総則領域の法的問題に関する具体的な紛争について,自分で法律論を展開することができる。
教科書 この授業においてはもっぱらレジュメ等を用いることを予定している。
なお,授業に際して,とりわけ判例に関する理解を深めるために,次の資料を利用する。
内田貴=山田誠一=大村敦志=森田宏樹『民法判例集 総則・物権(第2版)』(有斐閣,2014)
潮見佳男=道垣内弘人編『民法判例百選I 総則・物権(第7版)』(有斐閣,2015)

また,特定の教科書を指定しないものの,参考書・参考資料欄記載の教科書等などから,各自で適宜体系書や教科書を選択・利用されたい。
参考書・参考資料 佐久間毅『民法の基礎1総則 第3版』(有斐閣,2012)
山本敬三『民法講義Ⅰ総則 第3版』(有斐閣,2011)
佐久間毅ほか『民法Ⅰ総則<LEGAL QUEST>』(有斐閣,2010)
中舎寛樹『民法総則』(日本評論社,2010)
河上正二『民法総則講義』(日本評論社,2007)
内田貴『民法Ⅰ総則・物権総論 第4版』(東京大学出版会2008)
成績評価方法 授業中の質疑応答における発言等および小テストによって20%,レポート課題によって20%,学期末試験によって60%の各割合に基づいて総合評価を行う。

・到達目標の(1)に対応して,授業中の質疑応答における発言等によって確認する。
・到達目標の(2)に対応して,小テスト・レポートの提出によって確認する。
・到達目標の(3)(4)に対応して,事例問題などによる論述式の学期末試験を行う。
履修条件 なし
その他の注意 レポート提出に関して、他人のレポートを写すなどの行為は不正行為とみなすので、注意すること。また、やむをえず欠席をする場合には,事前に本人がメールで連絡をすること。無断欠席は成績評価で考慮される。

 

1 ガイダンス,日本民法の構造・沿革・特色,法情報ガイダンス(4/11) 1.民法の意義
2.民法典の構造と沿革
3.私法の一般原則
4.民法総則の構造
5.法律文献・判例情報の収集方法の説明
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。


2 私的生活関係の概要,法律行為・意思表示の構造と特色(4/18) 1.民法における権利の主体と客体
2.物権・債権の意義
3.権利変動の意義
4.法律行為の意義
5.法律行為における意思表示の意義
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
3 法律行為の成立,意思表示・法律行為の解釈,条件・期限(4/25) 1.法律行為の成立時期
2.意思表示・法律行為の解釈
3.条件・期限
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
4 法律行為の無効・取消,法律行為の内容の適法性(5/2) 1.法律行為の無効・取消の意義と効果
2.公序良俗の意義
3.強行法規・任意法規の意義
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
5 心裡留保,虚偽表示(5/9) 1.「意思表示の瑕疵」の意義
2.心裡留保の意義と効果
3.虚偽表示の意義と効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
6 民法94条2項の類推適用(5/16) 1.民法94条2項の類推適用をめぐる判例と学説 授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
7 錯誤(5/23) 1.錯誤の意義と効果
2.動機の錯誤
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
8 詐欺・強迫(5/30) 1.詐欺の意義と効果
2.強迫の意義と効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
9 代理の要件・効果(6/6) 1.代理制度の意義
2.代理の要件
3.代理の効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
10 無権代理の効果(6/13) 1.無権代理の効果
2.「無権代理と相続」に関する判例法理
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
11 表見代理(6/20) 1.表見代理制度の意義
2.表見代理の要件と効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
12 表見代理の競合適用・時効総論Ⅰ(6/27) 1.表見代理の競合適用
2.時効制度の意義
3.時効の効果と時効の中断・停止
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
13 時効総論Ⅱ・消滅時効Ⅰ(7/4) 1.時効の援用と時効利益の放棄
2.消滅時効と除斥期間
3.消滅時効完成の要件と効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
14 消滅時効Ⅱ・取得時効(7/11) 1.消滅時効と除斥期間
2.取得時効完成の要件と効果
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
15 私法上の一般法理(7/18) 1.公共の福祉の意義
2.信義誠実の原則の意義と機能
3.権利濫用の禁止の意義と機能
授業資料に従って予習し,授業の際の質問に解答できるようにする。
また,判例については,事案と判旨をまとめておく。
16 期末試験・講評 事例問題を中心とした筆記試験による最終試験とその試験に関する講評を行う。 本講義の内容を総合的に確認しておく。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/KTRNWT

Assignments Summary:

日付 詳細