コース要綱

                               20161219

 

2017年度名古屋大学法科大学院入学予定者の皆さんへ

 

                                               名古屋大学法科大学院長
                              尾島 茂樹

 

 皆さんは、本日入学手続きをとられたことにより、名古屋大学法科大学院の一員となられることが決まりました。当法科大学院を代表して、皆さんを心から歓迎いたします。

 本日配布させて頂いたこの資料は、入学後の授業の予習や、入学前に準備しておくべき事前学習等を指示する「教務関係の注意事項」と、各科目の具体的な「事前学習の案内」を含んでいます。

 改めていうまでもなく、法科大学院は専門職大学院であり、法律分野の専門家を目指す学生を対象として、2年又は3年という限られた期間内に、高度な専門能力を身に付けるための教育を集中的に行う法曹養成の専門機関です。したがって、4月から教育課程が直ちにフル稼働で始まり、皆さんは、予習と講義と復習に追われる大変あわただしい毎日を過ごされることになります。そこで、これから4月までの3か月間は、法科大学院での勉学に向けた助走期間として、くれぐれも有効に活用して頂きたいということから、本法科大学院では、皆さんにこの事前学習や授業の具体的内容に基づいた予習をお願いしています。

 具体的にどういうことを事前に学習すべきかは、4月からの講義を担当する教員から、科目毎に指示がなされています。4月から始まる講義は、この事前学習を終えているという前提で進められることになりますので、皆さんは、この冊子を熟読し、教員の指示に沿って準備をお願いします。なお、皆さんの事前学習に対するインセンティブを与え、学修進度の基準となるべき入学時の理解度を測定するために、4月3日(月)以降の新入生ガイダンスにて、事前学習内容の理解度測定テストを予定しています。

 それでは、4月に、勉学意欲にあふれた皆さんとお目にかかることを楽しみにしております。

 

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/MYJEPH

Assignments Summary:

日付 詳細