コース要綱

現代行政学研究ⅡA(政策学・地方自治研究)

Field Seminar in Public Policy, Public Administration, and Local Government ⅡA 

[講義基本情報]

教員: 荒見玲子 ARAMI, Reiko
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 前期 Spring
対象年次: M1以上  M1 or above.
開講時限: 火曜4限に設定するが、参加者で相談 Tuesday, 4th period
単位数: 2
必修の有無: No prerequisite
教室:

遠隔授業の方法による。出校は控えること

受講を検討している人は4月20日(月)17:00までに一旦教員にメールすること(メールしてもその後辞退も可)。初回は4月28日(火)14:45~オンライン(Zoom)です。詳細はアナウンスします。

Please email the instructor (rarami@law.nagoya-u.ac.jp) by 17:00 on April 20 when you would like to attend this seminar.

 

講義概要

授業の実施はCANVASで行いますのでコース登録してください。

政治学・行政学・政策学・地方自治・政治科学方法論の分野を中心とした比較的新しい文献ないし重要文献を中心に講読し、これらの分野に関わる近年の研究動向を把握することと、課程博士論文の水準を把握することを目的とする。ただし、狭義の地方自治研究や政策研究に関わる文献とは限らず、より広く関連する文献を取り上げる。前期は主に次の文献を候補に考えており、受講者の関心と合わせて相談して決定する。日本語ならば1週1冊、英語ならば1週70~80ページで考えている。受講者のやる気によっては、AJPS,APSR,JPART,Governance,JSPなど2~3年以内に掲載された論文を参加者で討論・検討を行う形に適宜変更する。
参加者全員が事前に文献を読んでくることを前提に担当者にはレジュメの作成、またその他の参加者全員に当日朝までの論点メモの事前提出を求める。

受講生の希望が一致すれば、Rによる基本的な統計、テキスト分析、GIS分析、質的調査にかかわる論文群なども購読・実習する。

The purpose of this graduate seminar is to read relatively new or important literature mainly in the fields of political science, administrative science, policy science, local autonomy, and political science methodology, and to grasp recent research trends relating to these fields, at the level of doctoral dissertation analysis. However, the seminar is not limited to the literature related to local government research and policy research in a narrow sense, but more widely related literature is included. The following documents are considered as candidates for the first semester, and decisions will be made after consulting with students about their interests. For this seminar, assigned and chosen reading material will generally be 1 book a week in Japanese and 70 ~ 80 pages a week in English. Additional acceptable reading material chosen according to student interest includes articles published within the past 2 to 3 years in journals such as AJPS, APSR, JPART, Governance, and JSP. Such articles should be adapted to the form of discussion and examination by the other seminar participants.

On the assumption that all participants read the materials in advance, the person in charge is required to prepare a summary and all other participants are required to submit a memorandum of points at issue by the morning of the event.

If the students agree, they will also subscribe to, read, and practice the methodologies of papers related to R's basic statistics, text analysis, GIS analysis, and qualitative research.

到達目標 ・海外での新しめのの文献を検討することで研究のフロンティアを把握する。
・自分の専門分野に直接関係ない文献も読みこなし、批判的に検討し、適切な論点を提起することができるようになる。
・文献を適切に要約し、かみ合った議論ができるようになる。
教科書

特になし

教科書の購入は、宅配による販売を利用することを強く推奨する。

教材の入手方法については、初回の授業で相談させてください。

生協の行う宅配による教科書販売については下記ホームページを参
http://www.nucoop.jp/book/news_2/news_detail_2487.html

参考書・参考資料

受講者の研究関心を考慮して講読する文献を決めます。
取り扱う文献のマスターコピーは当方で用意します。各自で入手しても構いません。

現時点では次のものを考えています。

林嶺那 2020『学歴・試験・平等 自治体人事行政の3モデル』東京大学出版会

デヴィッド・グレーバー  (著), 酒井 隆史 (翻訳) 『官僚制のユートピア テクノロジー、構造的愚かさ、リベラリズムの鉄則』以文社

Rodden, Jonathan 2019. Why Cities Lose: The Deep Roots of the Urban-Rural Political Divide, Basic Books

Htun, Mala and Weldon S. Laurel 2018. The Logics of Gender Justice: State Action on Women’s Rights Around the World. New York: Cambridge University Press.

Rickard, Stephanie J. 2018. Spending to Win: Political Institutions, Economic Geography, and Government Subsidies, Cambridge University Press

Scott W. Allard, 2017. Places in Need: The Changing Geography of Poverty, Russel Sage Foundation.

Kuokkanen, Rauna, 2019. Restructuring Relations: Indigenous Self-determination, Governance, and Gender, Oxford University Press.

Hertel-Fernandez, Alexander, 2019, State Capture: How Conservative Activists, Big Businesses, and Wealthy Donors Reshaped the American States - and the Nation, Oxford University Press.

Reich, Rob, 2018. Just Giving: Why Philanthropy Is Failing Democracy and How It Can Do Better, Princeton University Press.

Miler, Kristina C., 2018. Poor Representation: Congress and the Politics of Poverty in the United States, Cambridge University Press.

成績評価方法 平常点による。報告内容及び毎回の授業での議論への参加を総合的に判断します。
履修条件 「現代行政学研究IIB」をできれば併せて受講すること。
授業時間外学習の指示 *報告担当の際のレジュメの作成、毎回のコメントペーパーの作成
質問への対応方法 *授業前後に対応します。
その他の注意

・2020年春学期は、防疫上の観点から特例的な進行となる。随時情報を更新するので、受講者はメンバー登録を行い、確認すること。

(お知らせは1日に一回配信されるように設定してください。)

・毎回の開講前までに連絡なく欠席・遅刻があった場合は評価対象としません。
・報告の分担や文献決めるため、初回の授業には必ず出席してください。
・参加するか否かの決断は、初回の授業時間中に行ってください。
・参加を決定し分担を決めてから、中途で脱落することは、他の参加者に迷惑を及ぼすため、やむを得ない場合を除いては慎むようにお願いします。
・自分で読みたい文献を探してきて皆に提供することも可能です。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 ガイダンス 購読する文献と分担について参加者と相談のうえ決定する。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/9X486C

コースサマリー:

日付 詳細