コース要綱

比較政治体制史研究ⅠB Comparative Studies in Political History IB

[講義基本情報]

教員: 近藤康史 Yasushi KONDO
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 秋学期
対象年次: 前期1・2、後期1〜3
開講時限: 木1・2限(隔週)
単位数: 2
必修の有無:
教室: アジア法交流館セミナー4

 

講義概要

比較政治学の理論や手法に関する、英語あるいは日本語の文献を講読する。参加者の報告に基づいてディスカッションを重ねながら、各自の研究への応用可能性について考える。また、参加者の個人研究報告も並行して行う。 This course aims to provide students  with a basic understanding of the theories and methods of comparative politics.

到達目標 比較政治学の理論や手法について学び、各自の研究能力の向上へと結びつけること。
教科書 比較政治学に関する文献・論文を、参加者と相談しながら決める。
参考書・参考資料 授業中に指示する。
成績評価方法 報告内容およびディスカッションへの参加状況によって判断。
履修条件 特になし。
授業時間外学習の指示 毎回、文献の担当部分を読み、論点などを考えておくこと。
質問への対応方法 毎回の授業内に対応する。
その他の注意 特になし。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

イントロダクション

授業内容の紹介と、テキストの選定を行う。

テキスト候補の準備。 *

研究発表①

各自の研究内容の簡単な紹介を行う。

研究内容を準備。 *

文献購読①

テキストの内容について報告・討論を行う。

割り当て範囲の予習。 *

文献購読②

テキストの内容について報告・討論を行う。

割り当て範囲の予習。 *

文献購読③ テキストの内容について報告・討論を行う。 割り当て範囲の予習。 *

文献購読④ テキストの内容について報告・討論を行う。 割り当て範囲の予習。 *

研究発表②

参加者の研究発表に基づき、討論する。

研究内容の準備。 *

研究発表③

参加者の研究発表に基づき、討論する。

研究内容の準備。 *

文献購読⑤ テキストの内容について報告・討論を行う。 割り当て範囲の予習。 *

10

文献購読⑥

テキストの内容について報告・討論を行う。

割り当て範囲の予習。 *

11

文献購読⑦

テキストの内容について報告・討論を行う。

割り当て範囲の予習。 *

12

文献購読⑧

テキストの内容について報告・討論を行う。

割り当て範囲の予習。 *

13

研究発表④

参加者の研究発表に基づき、討論する。

研究内容の準備。 *

14

研究発表⑤

参加者の研究発表に基づき、討論する。

研究内容の準備。 *

15

まとめ この授業の内容について最後に整理し、今後の展開を考える。 全体の内容について復習。 *

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/9CEMX9

コースサマリー:

日付 詳細