コース要綱

現代政治思想研究ⅠB(現代の政治思想の究明)Modern Political Thoughts ⅠB (Understanding on Modern Political Thoughts)

[講義基本情報]

教員: 姜 東局 KANG Dongkook
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar(in Japanese)
開講時期: 後期  2nd Semester
対象年次: 1、2年次
開講時限: 金2 Fri 2nd
単位数: 1
必修の有無:
教室: 文系総合館404/405 Integrated Research Building(Arts and Humanities) 404/405

 

講義概要

本講義は、近代東アジア地域における他者像と自己アイデンティティの関係について理解を深めることを目指す。とりわけ、各国のナショナリズムの形成や変遷における地域の国家の重要性という課題に取り込む。

This lecture aims to deepen the understanding of the relationship between others and self-identity in the modern East Asian region. In particular, it addresses the issue of the importance of regional nations in the formation and evolution of nationalism in each country.

到達目標

1.ナショナリズムをめぐる今日の研究状況について、網羅的に理解する。

2.東アジア各国における政治的アイデンティティの地域的な特徴の側面について、その重要性を理解するとともに、一次資料に基づいた研究を成し遂げる。

教科書

特になし。

参考書・参考資料

John Breuilly eds., The Oxford Handbook of the History of Nationalism, Oxford University Press, 2013.

尹健次『思想体験の交錯: 日本・韓国・在日 1945年以後』 岩波書店、2008.

成績評価方法 テキストについての報告と議論への参加による。 Based on presentation and debate in the seminar.
履修条件 特になし。 Nothing special.
授業時間外学習の指示 *毎回指定されるテキストを読んで、感想をまとめる作業が求められる。
質問への対応方法 *毎回の授業後において対応。また、メールによる質問も可。
その他の注意

①参加者は、教材を読んだうえ、前もって簡単なコメントを担当教員に送ることにする。ゼミの場では、それらのコメントを中心に討論を行う。
  Participants are required to send short comments on the text, before each seminar. 
②ゼミの参加者全員には、ゼミの場を借りて、自分の研究を報告する機会を提供する。
 It is possible for participants to present his/her own research if he/she wants.

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/6D7PKB

コースサマリー:

日付 詳細