コース要綱

現代政治学研究Studies in Contemporary Politics

[講義基本情報]

教員: 非・辻 由希 Yuki Tsuji
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 集中講義 intensive course
対象年次: 大学院  Graduate Students
開講時限: 集中
単位数: 2 2 credits
必修の有無:

 

教室:

 

講義概要

本講義では、ジェンダーと政治分野の理論的・実証的な研究の展開と到達点をフォローすることのできる、英語及び日本語の文献を購読する。参加者が分担して報告し、その報告に基づいて討議を行う。適宜参加者の個人研究報告を行うこともあり得る。

In this course, participants review the recent literature in gender and politics to learn the development and accomplishment in the field. Participants are required to read assigned books and articles written in either English or Japanese and to make presentations on them. Research presentations of each participant might be conducted during the course.

到達目標

①ジェンダーと政治分野の研究動向を理解する。

Understand the development and accomplishment of studies in gender and politics.

ジェンダーの視点に基づき既存の政治学の理論や概念を批判的に再検討できるようになる。

Critically reconsider concepts and theories presented by the mainstream political science, based on gender-based perspectives.

教科書

テキストは、参加予定者と相談しながら決める。

Assigned books and/or articles will be finally determined at the first class.
参考書・参考資料

特になし。

No reference books.
成績評価方法

報告内容および討論への参加状況を総合的に評価する。

Grade will be based on the evaluation on the contents of presentation and discussion in class. 
履修条件

特になし。

No particular condition.
授業時間外学習の指示

担当する文献や論文を事前に読み、授業で報告する準備をしてくる。

Read assigned chapters of the textbook and/or articles beforehand, and make preparation for the presentation in class.
質問への対応方法

授業中に受け付ける。

Ask questions during class.
その他の注意

 

テーマ

(任意)

講義内容

(必須)

授業時間外の学修活動(任意)

本授業は、文献講読等を主に行います。具体的な内容やテーマは、初回授業時に参加学生と相談の上決めますが、ジェンダーと政治分野のなかの政治代表に関するテーマのなかから選ぶことを予定しています。

This course will mainly read and review the literature in gender and politics, especially in the field of gender/women and political representation. According to the interests of participants, books and/or articles to be read will be determined at the first class.

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/Y9KMHA

コースサマリー:

日付 詳細