コース要綱

現代政治理論研究B(現代政治学の諸理論) Studies in Contemporary Political Theory B

[講義基本情報]

教員: 田村哲樹 Tetsuki TAMURA
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 後期 Fall Semester
対象年次:
開講時限: 月3 月4(隔週) Period 3 and 4 on Every Other Monday
単位数: 2  2  Credits
必修の有無: 無 Not
教室: アジア法交流館セミナールーム3 Seminar Room 3, Asian Legal Exchange Building

 

講義概要

 政治学における、経験的および規範的理論の最新の動向をフォローすることのできる、英語及び日本語の文献を購読する。参加者が分担して報告し、その報告に基づいて討議を行う。適宜参加者の個人研究報告を行うこともあり得る。

 つまり、本講義は下記の内容によって構成される。

1.現代の経験的政治理論

2.現代の規範的政治理論

3.政治学における政治理論の位置づけ
 なお、本講義に参加する者は、前期に開講の「現代政治理論研究A」から継続して参加すること。やむを得ず前期に参加できない場合は、担当教員に個別に相談すること。

    This course offers an opportunity to understand current state of contemporary political theories. It deals with both normative and empirical aspects of political theory.

    Participants are required to read assigned books and articles written in either English or Japanese and to make presentations on them. Research presentations of each participant might be conducted during the course.

    Students having attended the Contemporary Political Theory A which was opened in the spring semester are expected to continue to attend this course as well. If students cannot attend it, please let the instructor know. 

到達目標

①政治理論の最新の動向を知り、批判的に摂取して、政治理論の専門知識を修得するとともに、各自の研究能力向上のために活かすこと。
②政治理論の動向の研究を通じて、総合的問題解決能力を身につけること。

① Getting academic knowledge on the current state of political theory and taking it critically in order to develop participant's research ability. 

② Cultivating the problem solving abilities with comprehensive perspective through studying the state of political theory.

教科書

現代政治理論の動向を知ることができる、経験的または規範的な文献・論文を講読文献として取り上げる。具体的な文献の選択は、参加者と相談して行う。

Both empirical and normative literature through which participants can understand current state of contemporary political theory will be assigned based on discussion between the instructor and students. 

参考書・参考資料

特になし。

No reference books.

成績評価方法

報告内容および討論への参加状況を総合的に評価する。

Assessing the content of presentation and discussion comprehensively.

履修条件

①「講義概要」に記したとおり、本講義に参加する者は、前期に開講の「現代政治理論研究A」にも参加すること。やむを得ず前期に参加できない場合は、担当教員に個別に相談すること。
②政治学の専門的な英語文献・日本語文献をそれなりのペースで読み進めるため、報告の作成、事前の予習、当日の討論への参加など、積極的な参加姿勢が求められる。

   

    As mentioned above, students having attended Contemporary Political Theory A are generally expected to attend this course too. Otherwise, please let the instructor know. 

授業時間外学習の指示

指定されたテキストをあらかじめ読んでおくことが求められる。

Students are required to read the assigned books and articles in advance.

質問への対応方法

授業中と授業後に、または電子メール等で受け付ける。

Questions during and after class or through emails are welcome. 

 4月上旬(4月12日)に開催される「政治科研オリエンテーション」において、本年度の予定の詳細を説明する予定なので、政治学系の院生は、このオリエンテーションに参加すること。政治学系以外で本講義への参加を希望する院生は、4月13日(月)13時30分(予定)の「現代政治理論研究A」の初回授業時に、今後の報告日程等についての打ち合わせを行うので、そこに参加すること。

 

    The first class of Contemporary Political Theory A will be at 1:30 pm on Monday 13 April (tentative). The short introduction of not only Contemporary Political Theory A but also B will be conducted then. If students whose research fields are not political science hope to attend both courses, please contact the instructor before the first class.  

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/FAGKE3

 

コースサマリー:

日付 詳細