コース要綱

現代比較法基礎研究ⅡA(現代韓国法の諸問題)Fundamental Studies in Contemporary Comparative Law ⅡA

[講義基本情報]

教員: 岡 克彦 (Katsuhiko OKA)
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 前期
対象年次: M1, M2
開講時限: 火5
単位数: 2
必修の有無: なし

 

講義概要

 本演習は、徴用工や慰安婦問題などに関する韓国の判例を分析することで、法学の視点から日韓関係のあり方を考察することをその目的とする(韓国語能力を必須としない)。

 主に韓国法の基本文献を使って、グループディスカッション(協同学習)を行うことで、同法律の基礎知識を習得するとともに、自由で闊達な議論が実践できるようなゼミの学習環境を構築する。要するに、秋学期の演習ⅡBの下準備を行う。

  In this seminar, we critically examine the "1965 legal system" that has shaped Japan-Korea relations after World War Ⅱ, using the subject of judicial precedents concerning anti-Japanese issues in Korea.

到達目標 多角的な議論を通して、法学的な観点から韓国における「反日問題」について未知の論点を解明する。
教科書 教科書は指定しない。授業時にプリントおよび教材を配布する。
参考書・参考資料 授業時に適宜、紹介する。
成績評価方法 成績評価:毎回の授業への参加は当然の前提とし、各ディスカッションのための下準備(予習)の程度、そして、ディスカッションへの貢献度などで総合的に評価する。
履修条件 特になし
授業時間外学習の指示 ディスカッションの質を高めるために、教材の予習だけでなく、それに関連する文献の講読や情報の収集に期待する。
質問への対応方法 原則として授業終了時に質問を受け付ける。
その他の注意 本演習の使用言語は主に日本語である。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 1

初回に授業の進め方について話し合います。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/THLWJ6

コースサマリー:

日付 詳細