コース要綱

特別講義演習(テーマ研究 外交・国際関係)(外交・国際関係基礎)〔国際法政コース(日本語)のみ受講可〕Special Lecture and Seminar (Term Paper:Fundamental Studies in Diplomacy and International Relations)

[講義基本情報]

教員: 三浦聡 (MIURA, Satoshi)
その他の教員:
科目種別: 研究指導 Tutorial
開講時期: 秋学期 Autumn
対象年次: M1、M2
開講時限: 受講院生と相談の上、決定する。
単位数: 2
必修の有無:

 

教室:

 

講義概要

 

大学院科目「外交・国際関係基礎研究」を履修する者のうち、当該分野の内容をさらに研究したい学生を対象として研究指導を行います。

This course is designed to provide students of Basic Course of Diplomacy and International Relations with opportunities to carry out an in-depth analysis through tutorials.

到達目標

 

現代日本の外交・国際関係に関して修得した基礎知識を前提に、独自の観点からそれを分析してみるための基本的な能力を養うことを到達目標とします。

教科書

とくになし。

参考書・参考資料

適宜案内します。さしあたり、以下を参照。

  • 村田晃嗣ほか『国際政治学をつかむ【新版】』有斐閣、2015年。
  • 宮城大蔵『現代日本外交史——冷戦後の模索、首相たちの決断』中公新書、2016年。
  • 添谷芳秀 『入門講義 戦後日本外交史』慶應義塾大学出版会、2019年。
  • 益尾知佐子『中国の行動原理ーー国内潮流が決める国際関係』中公新書、2019年。

成績評価方法

「外交・国際関係基礎研究」の履修を前提として作成したレポートにより評価します。

履修条件

大学院科目「外交・国際関係基礎研究」を履修していることを条件とします。

授業時間外学習の指示 授業時間外学習用の「読み物」を適宜指示します。
質問への対応方法 授業終了後に教室で質問に対応します。また、必要に応じて、他の時間に個別に対応します。

その他の注意

受講希望者は、指導教員とも相談の上、担当教員(三浦)まで申し出てください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 イントロダクション

・演習について説明し、前期演習の進め方を決めます。

演習内容の復習
2~15 研究指導

・授業内容の確認や受講者の報告などを通じて、受講者の能力の向上を図りつつ、研究について指導します。

発表の準備と演習内容の復習

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/JMAF9B

コースサマリー:

日付 詳細