コース要綱

憲法研究ⅠA(憲法の歴史と理論) Studies in Constitutional Law IA

[講義基本情報]

教員: 大河内美紀 本秀紀 斎藤一久  M. OKOCHI, H. MOTO, K. SAITO
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 春学期 Spring
対象年次: 大学院M1以上 M1 or over
開講時限: 水1・2(隔週) Wed10:00-12:00(every other week)
単位数: 2
必修の有無: 無 Not Mandatory
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大に対応した教育活動の特例措置について

 

講義概要

現代憲法学が大きく変容しようとしている。学界の理論動向に対応してその典型的な論点を取り上げ、内外の文献を対象として精査する。あわせて憲法専攻者の修士・博士学位論文の中間的検討も行う。

This course is designed to provide students with knowledge of the contemporary constitutional theory and opportunity to present a draft of master or doctor thesis.

到達目標

1.現代憲法学の理論的蓄積と到達点を把握することができる。
2.自己の研究課題について、集団的検討が受けられる。
3.以上を通じて、研究能力および総合的問題処理能力の涵養を図る。

The aim of this course is to develop an understanding of the constitutional theory.

教科書

なし

There is no set text.

参考書・参考資料

各回ごとに指示する。

Students may receive a reading list during the course.

成績評価方法

報告内容(50点)と討論への参加態度など(50点)を総合的に評価する。
総合点59点以下をF(不合格)、60~69点をC、70~79点をB、80~100点をAとする。

Students will be assessed by presentations(50%) and contributions(50%) to class discussion.
A: 100-80, B: 79-70, C: 69-60, F: 59-0

履修条件

とくにないが、主体的に研究する意欲のある院生の参加を希望する。
法学部の専門科目で憲法を学修していない者は、学部の憲法関連科目を並行して履修することが望ましい。
「憲法研究ⅠB」(秋学期)と併せての通年受講を想定している。半期のみ受講希望の場合は、担当教員と相談すること。

There is no condition to participate in this course.

We strongly recommend students to take "Studies in Constitutional law IB" after this course.

授業時間外学習の指示

演習時に指示する。

You can receive the additional instruction in classroom.

質問への対応方法

学生便覧を参照。

See the Student Handbook.

その他の注意

大学院の演習なので、毎回出席することは当然の前提である。無断(または合理的理由のない)欠席および遅刻は、減点の対象となるので注意すること。

なお、本講義は隔週2コマのかたちで開講されるので、初回の打ち合わせに必ず出席してスケジュールを確認すること。

This course will be taught in Japanese

この講義は、canvasシステムを利用して、オンラインで行う。初回の打ち合わせの代わりに4月15日頃にメールで各種調整を行う。詳細はこちら

*詳細をみるためには「コースへの登録」が必要です。この「要綱」欄下部のリンクから登録をしてください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 打ち合わせ
(e-mailまたはCANVASで行う。)

→新型コロナウイルス対策で、春学期の間は、教室に集まって研究会をしないことになりました(詳細は、法学研究科のウェブサイトを参照して下さい。日々更新されるので、頻繁に確認すること)。
http://www.law.nagoya-u.ac.jp/InformationCoronavirus.html

今年度の方針確定
演習日時の決定
各回報告者と報告テーマの決定

→春学期期間中は教室に集まらずに、別の方法で「研究会」をします。やり方は個別に連絡するので、新規に参加を希望する者は、担当教員まで連絡して下さい(連絡方法が分からない場合は、moto*law.nagoya-u.ac.jp[*は@]まで連絡して下さい)。

 

報告時期および報告テーマに関して、あらかじめ検討してくること。

2〜7 報告および討論

第1回で選択した報告テーマに基づき、報告および討論を行う。報告者は45〜60分程度の報告を準備し、その後60分程度で討論を行う。

参加者には、憲法研究IAおよびIBをあわせて1回以上の報告を行うことが求められる。

→2回目以降の報告内容や形式等も、通例とは異なる可能性があります。

報告者は、1週間前に報告テーマおよび参考文献を参加者に告知する。参加者は、告知された参考文献をあらかじめ検討しておくこと。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/3C4CB6

コースサマリー:

日付 詳細