コース要綱

公法学総合特殊研究B Studies in General Topics in Public Law B

[講義基本情報]

教員: 公法系教員(担当高橋)TAKAHASHI Yusuke and other public law professors
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 秋学期 Autumn
対象年次: 全学年 M1&M2
開講時限: 水34 Wed 13:00-16:15
単位数: 1
必修の有無:
教室:

 

講義概要

公法学の諸問題について研究する。

This course is designed to examine various issues of public law.

到達目標

公法学の分野における研究能力および総合的問題処理能力を高める。

The aim of this course is to develop an understanding of various issues of public law.

教科書

特になし。

None

参考書・参考資料

特になし。

None

成績評価方法

口頭発表とそれに対する質疑応答により、目標達成度を評価する。100点満点で60点以上を合格とし、60〜69点をC、70〜79点をB、80点以上をAとする。

Students will be assessed by presentations and contributions to class discussion.

A: 100-80, B: 79-70, C: 69-60, F: 59-50

履修条件 なし None
授業時間外学習の指示 報告と質疑応答につき、事前に準備をしておくこと
質問への対応方法 授業中及び授業後、その他の時間に随時行うこと
その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

報告・質疑応答 公法学総合特殊研究Aのオリエンテーションで決定された報告日と報告順に従い、受講者が報告を行った後、質疑応答を行う。教員が報告することもある。 自身の報告について、事前に準備しておくこと。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/D364TM

コースサマリー:

日付 詳細