コース要綱

西洋法制史研究Ⅰ(アンシャン・レジームの法と国制)Studies in Legal History (Occident)Ⅰ

[講義基本情報]

教員: 波多野 敏 HATANO Satoshi
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 春学期
対象年次: M1、M2
開講時限: 火曜4限
単位数:

2

 

必修の有無:
教室: -

 

講義概要

フランスを中心としたヨーロッパ法史に関する重要資料を検討する。

This course aims to analyse of important materials in european legal history.

 

到達目標 ヨーロッパ法史研究のために必要な知識・方法を身につけ、ヨーロッパ法史の流れを理解すること。法史研究の現状とその成果を正確に理解し、整理するための、基本的な能力を身につけること。
教科書

特に指定しません。

参考書・参考資料 適宜指示します。
成績評価方法 講義への取り組み、資料の読み方、質疑応答などから総合的に評価します。
履修条件 特にありませんが、英語・フランス語・ドイツ語のうち二つ以上についての初歩的な読解力を持っていることが望ましい。
授業時間外学習の指示 決められた文献を読み、内容を理解し、討論の準備をしておくこと。
報告担当の場合は、レジメを作成するなど報告の準備をしておくこと。
質問への対応方法 適宜対応します。研究室に来るときはあらかじめアポイントを取って貰った方が確実です。
その他の注意 4月21日より講義予定時間にzoomを使って演習を行いたいと思います。登録されたメンバーにミーティングの招待をする予定です。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 1

具体的には受講生と相談の上決定します、一応の予定としては以下の問題に関する資料を検討します。 

ヨーロッパ法の基礎としてのローマ法 
中世ヨーロッパにおける学識法の形成 

絶対主義国家の統治構造 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/988XGA

コースサマリー:

日付 詳細