コース要綱

特別講義演習(法社会学特殊研究Ⅱ)(法社会学文献講読)Special Studies of Legal Sociology II (Readings of Law and Society) 

[講義基本情報]

教員: 原田綾子 Ayako HARADA
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 後期 Fall term
対象年次: M1 M2
開講時限: 火2 Tue 2
単位数: 2
必修の有無: なし None
教室: ALEP seminar room No. 4

 

講義概要

「変容する家族と法システム」をテーマとする

Topic is "Law and families in transition"

 

到達目標

家族、子どもに関する法社会学研究のための基礎的な知識を身につける。Develop basic skills and gain knowledge to conduct your own socio-legal study on law.

 

 

教科書 The reading list will be provided at the first class
参考書・参考資料 The reading listed will be provided to the students at the first class
成績評価方法

報告の充実度、ディスカッションへの貢献度、レポートのクオリティによって評価する。

Attendance, quality of presentation, discussion participation. Submission of final report may be required.

履修条件 Pre-registration consultation with the lecturer is required.
授業時間外学習の指示 文献を必ず読んでから参加してください。その他、ゼミの準備については、授業内での指示に従ってください。
質問への対応方法 講義中に対応。面談の必要があればメールでアポイントを取ってください。
その他の注意

 

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 

文献は、初回の講義までに、受講生の関心に合わせて、教員が選びます。教員が選んだ文献を順番に読み進めていきます。受講生は、担当する文献の要約を行い、論点を切り出し、その論点に即して議論を行います。 文献を必ず読んでから参加すること。その他の準備については講師の指示に従ってください。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/YDFJJH

コースサマリー:

日付 詳細