コース要綱

民事訴訟法研究A(民事手続法の諸問題)Studies in Civil Procedure A

[講義基本情報]

【重要①】新型コロナウイルス感染症対応として、「その他の注意」を追記しました(2020/4/9)

【重要②】「教室」「参考書・参考資料」を追記しました(2020/4/10)

教員: 川嶋隆憲 KAWASHIMA Takanori
その他の教員: -
科目種別: 演習
開講時期: 前期
対象年次: 1年 2年
開講時限: 火3
単位数: 2
必修の有無:
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

民事訴訟法研究の土台となる基本的・背景的理解の獲得を目的として、民事訴訟法分野の基本文献の講読を通じて、今日の判例・学説の到達点を理解するとともに、未解決の問題領域に関する様々な考え方について検討を行う。

This course introduces fundamental understanding and background knowledge for the research and study of civil procedure law. It also enhances the development of students' skill for legal research and academic reading.

到達目標

1.民事訴訟法分野の研究に求められる形式と水準を理解する。
2.学術論文の的確な理解と批判的な考察ができるようになる。
3.外国語文献の調査・収集、および読解ができるようになる。

The goals of this course are to be able to

- recognize the manner and standard required for the research and study in graduate school of law,

- comprehend and appreciate academic articles in the field of civil procedure law, and

- make reference to legal resources written in foreign languages.

教科書

特に指定しない。

nothing particular

参考書・参考資料

必要に応じて、授業中に指示する。

Reading materials will be introduced according to the subject of studies. 

教科書・参考書等の購入は、宅配による販売を利用することを強く推奨する。

生協の行う宅配による教科書販売については下記ホームページを参照

http://www.nucoop.jp/book/news_2/news_detail_2487.html

成績評価方法

ディスカッション(60%)、報告等の成果物(40%)で評価する。

各評価項目の評価基準は、上記到達目標の達成度による。

attendance (60%), assignments (40%)

履修条件

民事訴訟法に関する基本的な知識を有していることが望ましい。

basic knowledge of civil procedure law

授業時間外学習の指示

担当教員または受講生が指定する文献を読み、内容を理解する。

reading materials assigned in the class

質問への対応方法

授業後またはオフィスアワー

after class or office hours

その他の注意

受講者の研究テーマ等に応じて授業内容を変更する場合がある。

Course outline may be changed according to circumstances.

 

【重要】

 新型コロナウイルス感染症対応として、特例期間中の授業は、canvasを利用して代替的な授業を実施します。

 これに伴い、授業は本ページ「コース要綱」に示したものを一部変更して行います。代替授業に関する情報は、特設ページに順次アップしますので、こまめにご確認ください。

 canvasの登録が未了の受講者は、下記の「コースへの登録」URLからメンバー登録を行ってください。

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

第1回

イントロダクション

受講者の研究テーマの確認、

研究・報告スケジュールの確定、など

第2回

テーマ研究

研究テーマについての現状と課題の把握、

ブレインストーミング、など

第3回

テーマ研究

研究テーマについての現状と課題の把握、

ブレインストーミング、など

第4回

テーマ研究

事例の収集と整理

第5回

テーマ研究

事例の収集と整理

第6回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第7回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第8回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第9回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第10回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第11回

テーマ研究

基本文献の講読とディスカッション

第12回

テーマ研究

研究成果報告・質疑応答

第13回

テーマ研究

研究成果報告・質疑応答

第14回

テーマ研究

研究成果報告・質疑応答

第15回

前期まとめ

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/EXTFGG

コースサマリー:

日付 詳細