Course syllabus

研究方法論Ⅰ(論文執筆講座)〔日本語で修論を書く留学生のみ受講可〕Academic Writing Ⅰ

[講義基本情報]

教員: 藤本亮 FUJIMOTO Akira
その他の教員:
科目種別: 講義
開講時期: 後期
対象年次: M1
開講時限: 木2
単位数: 2
必修の有無: 有(国際法政コース日本語プログラム)
教室: アジア法交流館セミナールーム2

 

講義概要 この授業では,日本語での研究論文(修士論文)を執筆するための基本的な研究技法や作法を学び,研究論文の執筆は,概ね,テーマ設定(問題意識),先行研究や資料のリサーチ,論文で取り組む課題設定,論文の構成の構想,執筆,推敲というステップで進みます。これらの各ステップの間をなんどもいったりきたりして,論文はようやく完成するのです。そして,それぞれのステップで,自分のしていることをきちんと言語化した上で,研究指導を受けることは大切です。この授業では,テーマ設定に始まり,リサーチを進めながら,論文の課題を設定して,それを説明するペーパーをまとめます(リサーチ・ペーパー)。その中で,リサーチの方法,資料等の整理の仕方,論文執筆の作法(リファレンスや引用・参照の取扱等を含む)を身につけていきます。このような技法的側面について
は研究分野によって異なる面もありますので,それも踏まえて学習していきます。
In this course, you will learn fundamental research techniques and manners for writing your master’s thesis. The steps in writing academic paper are generally selecting theme, research of the existing studies, setting tasks in your paper, organizing chapters, writing and proof reading. In each step, it is very important to putting into words what you are doing when you ask your supervisor’s advice. Following the steps you will write a short paper which explains your theme and tasks. In that research paper, you will learn the skills for doing research, organizing materials collected, academic writing styles (references, quote, and so on,) with the consideration of the differences among the fields of studies.
到達目標 基本的な研究技法・作法にのっとり,問題意識に沿ったリサーチを踏まえた論文の課題が設定できる能力を身につけます。
教科書 なし。
参考書・参考資料 講義中に必要な参考書は紹介し,適宜、必要な資料を配布します。
成績評価方法 成績の評価は、講義の場で行うプレゼンテーション(比率50%)とレポート(50%)によって行います。

履修条件 ・日本語で修論を書く留学生のみ受講可
・無断欠席は厳禁です。やむを得ず欠席する場合は事前に担当教員に連絡してください。

授業時間外学習の指示 指定文献の読了と毎週の課題を確実にこなすこと
質問への対応方法 CANVASのメッセージ機能と受講者限定のSNSを用いて対応する。
その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 10/3授業方法についての説明 受講者がそれぞれ自己紹介し,今後の授業の進め方について担当教員から説明を行う

なし
2 10/10
法情報の種類と検索(1)
判例の仕組み  10/10の授業までに、大学院志願時に提出した研究計画を掲示板に提出してください。(前学期から在学している人は最新の研究計画を出してください)
3 10/17
法情報の種類と検索(2)
法令の仕組み

4 10/24
法情報の種類と検索(3)
文献資料の種類と検索の仕方 今回は実習中心です。
ディスカッションと課題欄を参照してください。(次回までの宿題もあります)
5 11/7
法情報の種類と検索(4)
課題として検索した研究関連文献リストから取捨選択するための読み方と整理の仕方
6 11/14
「論文」とはどのようなものか?
課題で検索した自分のテーマに近い論文について、それぞれ口頭で報告します。
7 11/21
「論文」とはどのようなものか?
課題で検索した自分のテーマに近い論文について、それぞれ口頭で報告します。
8 11/28
法律学学術論文の構造(1)
論文の問題設定、対象、方法等を適切に読み取る練習をします。

9 12/5
法律学学術論文の構造(2)
論文の問題設定、対象、方法等を適切に読み取る練習をします。

今回の授業課題を課題欄に出してあります。12/7の夕方6時までに提出してください。
10 12/12
学術論文の評価
個別の学術論文を研究状況の中でどのように位置づけるのかを学びます。
11 12/19
研究計画の書き方(1)
研究計画の構造について学びます。
12 1/9
研究計画の書き方(2)
課題として提出した研究計画書について発表します。
13 1/16
研究計画の書き方(3)
課題として提出した研究計画書について発表します。
14 1/23
研究計画の書き方(4)
課題として提出した研究計画書について発表します。
15
授業のまとめ
授業全体のまとめをします。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

 https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/MXK4CJ

Course summary:

Date Details