コース要綱

特殊講義(専門文献購読演習Ⅰ・Ⅱ)Special Lecture(Specialized Reading SeminarⅠ・Ⅱ)
[講義基本情報]

教員: *渡部 美由紀 Miyuki Watanabe
その他の教員: *
科目種別: *演習 Seminar
開講時期: *春学期 
対象年次: *3年次(Ⅰ)・4年次(Ⅱ)
開講時限: *火4
単位数: *各2
必修の有無: *無
教室: *遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

 本講義は、大学院進学を考えている学生対象の「Equip MIRAI」プログラムを履修している人のための授業である。研究者としての大学院進学を目指す学生に大学院の演習への参加を認め、大学院での学習のあり方を学ぶ機会を与えるとともに、研究に必要な外国語文献の講読に慣れる機会を提供することを目的とする。

 講義では、海外の民事手続法に関する英語ないしドイツ語の文献を講読し、受講者全員で議論・検討を行う。

The aim of this course is to help students acquire the skills of reading academic books/articles written in English/German, making oral presentation and an understanding of the fundamental principles of Civil procedural law.

This course will be taught in Japanese.

到達目標 (1)民事手続法の基本原則および基本概念を理解する。
(2)外国語の専門文献を正確に読解し、その内容を日本語で説明できる。
(3)大学院での自主的・学術的な学習のあり方を習得する。
教科書 初回の授業等で受講生の研究関心に照らして講読する資料を決定する。
参考書・参考資料 必要に応じて授業時に指示する。
成績評価方法 平常点100%(報告内容、議論への参加度、議論の内容により評価する)。文献を正確に読解できることと民事訴訟制度の基本的な構造の理解していることを合格の基準とする。
履修条件 テーマ研究基礎演習(「Equip MIRAI」)プログラムの受講者であること。
授業時間外学習の指示 毎回、指示された範囲の文献について目を通すこと。担当者は和訳を作成すること。
質問への対応方法 メールやオンラインで適宜対応
その他の注意

総合法政の民事訴訟法特殊講義Aと同一である。

本講義はCanvasを利用します。メンバー登録がされていない受講者は、要綱ページの下の方にあるメンバー登録のURL からメンバー登録してください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 オリエンテーション

講読資料の決定

講義計画の決定

*
2~15 文献講読 担当者の和訳を基礎として、文献を講読し、参加者全員で検討・議論する 指示された範囲の文献の通読、和訳作成(担当者)、関連する法制度について調べる *

 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/GCJ8LY

コースサマリー:

日付 詳細