コース要綱

講義名 国際私法研究 (国際私法の諸問題)Studies in International Private Law 
[講義基本情報]

教員: 横溝大 Dai YOKOMIZO
その他の教員: *
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 前期及び後期
対象年次: 3,4年
開講時限: 水曜2限(前期)、木曜2限(後期)
単位数: 各2単位
必修の有無:
教室: 未定

 

講義概要

Reading Seminar on Conflict of Laws

Students are expected to make a short presentation for 15-20 minutes with a brief handout, including a short summary of the case, essence of comments and their own reflections. After the presentations, we will discuss them. 

到達目標 The objective of this reading seminar is that participants will understand what kind of challenges conflict of laws faces under the globalization, by reading and discussing worldly famous cases and comments.
教科書 The reading documents will be shown in the first session.
参考書・参考資料  The references will be presented in the first session.
成績評価方法 Presentations and discussions during sessions (70%) + final report (30%)
履修条件 一定以上の英語能力を有すること。
授業時間外学習の指示 The participants are requested to read the materials before the class.
質問への対応方法 The participants can ask questions during or after each session, during the office hour, or at a personal meeting (which should be arranged by e-mail). 
その他の注意 大学院科目国際私法研究を学部生向けに開放するものです。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 Introduction 授業のテーマ、内容の説明、自己紹介、担当の割り振り等。 * *
2 当事者自治(1) 抵触法上の当事者自治について、管轄合意を中心に議論します。 * *
3 当事者自治(2) 抵触法上の当事者自治について、仲裁合意を中心に議論します。 * *
4 当事者自治(3) 抵触法の当事者自治について、契約準拠法を中心に議論します。 * *
5 当事者自治(4) 抵触法上の当事者自治について、身分関係について議論します。 * *
6 弱者保護 抵触法上の弱者保護について議論します。 * *
7 公益 抵触法上の公益について議論します。 * *
8 個別報告 以下の回については、学生の個別研究について報告して貰った上で議論します。 * *
9 * * * *
10 * * * *
11 * * * *
12 * * * *
13 * * * *
14 * * * *
15 * * * *

 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/C9N7BA

コースサマリー:

日付 詳細