コース要綱

特殊講義(専門文献講読演習Ⅰ・Ⅱ)Advanced Lecture (Academic ReadingⅠ・Ⅱ)
[講義基本情報]

【重要①】新型コロナウイルス感染症対応として、「その他の注意」を追記しました(2020/4/9)

【重要②】「教室」「参考書・参考資料」を追記しました(2020/4/10)

教員: 川嶋 隆憲 KAWASHIMA Takanori
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 前期
対象年次: 3年 4年
開講時限: 火3
単位数:
必修の有無:
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

本演習は、研究者としての大学院進学を目指す学部生を対象として、専門分野の文献講読(民事訴訟法分野のもの)を行い、大学院での研究の基礎となる学術文献の調査・収集、読解力を養うことを目的としている。基本的には報告者による文献報告、関連する基本的理解の整理、講読文献についてのディスカッションを予定している。

The aim of this seminar is to help students (planning to go to graduate school of law)  acquire the necessary skills and knowledge required for academic research and study, mainly focusing on comprehension and appreciation of academic articles (in the field of civil procedure law).

到達目標

1.学術論文の的確な理解と批判的な考察ができるようになる。

2.外国語文献の調査・収集、および読解ができるようになる。

3.法学分野の研究に求められる研究の形式と水準を理解する。

教科書 特に指定しない。
参考書・参考資料

必要に応じて、授業中に指示する。

教科書・参考書等の購入は、宅配による販売を利用することを強く推奨する。

生協の行う宅配による教科書販売については下記ホームページを参照

http://www.nucoop.jp/book/news_2/news_detail_2487.html

成績評価方法

ディスカッション(60%)、報告等の成果物(40%)で評価する。

各評価項目の評価基準は、上記到達目標の達成度による。

履修条件

Equip MIRAIコース学生であること。また、民事訴訟法に関する基本的な知識を有していることが望ましい。

授業時間外学習の指示 担当教員または受講生が指定する基本文献を読み、内容を理解する。
質問への対応方法 授業後またはオフィスアワー
その他の注意

演習内容は、法学研究科総合法政専攻の「民事訴訟法研究A・B」と共通する。

 

【重要】

 新型コロナウイルス感染症対応として、特例期間中の授業は、canvasを利用して代替的な授業を実施します。

 これに伴い、授業は本ページ「コース要綱」に示したものを一部変更して行います。代替授業に関する情報は、特設ページに順次アップしますので、こまめにご確認ください。

 canvasの登録が未了の受講者は、下記の「コースへの登録」URLからメンバー登録を行ってください。

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

イントロダクション

・受講者の関心領域・研究テーマ等の確認

・法律文献の探し方 など

文献の講読とディスカッション

・講読文献、報告者の決定

・文献講読とディスカッション など

テーマ研究

・大学院生による研究報告・質疑応答

・大学院生とのグループワーク など

※ 進捗状況等により、文献講読と並行して行う。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/3BBFRW

コースサマリー:

日付 詳細