コース要綱

民法基礎研究ⅡB(民法の重要問題)Fundamental Studies in the Civil Code ⅡB

[講義基本情報]

教員: 松田 貴文 (Takafumi MATSUDA)
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar (in Japanese)
開講時期: 後期 2nd semester
対象年次: M1-2, D1-3
開講時限: 金5  Friday 5th period
単位数: 2
必修の有無:
教室:

 

講義概要   この講義では、①民法の重要問題に関する基本知識の習得、②基本知識を用いて法律論を展開する能力の養成、③先端的・応用的な問題に対する関心の養成の3点を目標とします。

 具体的な内容としては、財産法を中心とした民法の重要問題を素材として、①受講者による研究報告、および、②受講者全員による事例問題の検討を通じて、基本的な知識を身につけることを目指すほか、その知識が具体的な紛争においてどのように用いられるのか、教科書を読む学習だけでは身につけることが難しい能力の養成を目指します。

 The goal of this seminar is to learn basic knowledge on the Japanese Civil Code and to foster basic legal skills. To achieve this goal, participants are asked to make research reports on important topics regarding the Civil Code.

到達目標 1 財産法を中心として、民法および隣接法領域に関する基本知識の習得を目指す。
2 法律論を展開する基本的な能力の要請を目指す。
3 社会における先端的な法律問題・課題に対する関心、そのような問題・課題に取り組む能力の涵養を目指す。

The goal of this seminar is

1 to learn basic knowledge on the Japanese Civil Code;

2 to foster basic legal skills.

教科書

初回の講義において、参考文献等を記載した資料を配布します。

Reading assignments are provided in the handout.

参考書・参考資料
講義中に適宜指示する。
成績評価方法

報告、および、発言の内容によ基づいて、設定されたテーマについて自ら調べて法的に解決を導き発表する能力が身についていることを合格基準として評価する。

Participants will be evaluated based on the research report in the seminar and their participation.

履修条件 特になし。
ただし、法学部における民法の講義を受講していることが望ましい。
授業時間外学習の指示

毎回のテーマごとの参考文献に目を通して疑問点を予め明確にしておくこと。

Students are needed to read references for every theme and make clear any points of question in advance.

質問への対応方法

授業内および授業の前後に対応する。

Students can ask questions in, before and after the lecture.

その他の注意

本演習は学部の演習と共通ですが、院生の積極的な参加も歓迎します。

Students of Faculty of Law (undergraduate level) will be attending this seminar.

本演習の履修者は、Canvas登録については、本演習ではなく学部科目の「2018演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」のCanvasに登録してください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 ガイダンス

初回のガイダンスでグループ分け、報告の割当、今期の計画を決定する。

以後の回では、日本の判例検討を中心にグループ報告を行い、全員でディスカッションを行う。

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/9THKY8

コースサマリー:

日付 詳細