コース要綱

民法基礎研究ⅠB(民事法の現代的課題) FundamentalStudies in the Civil Code ⅠB

[講義基本情報]

教員:

栗田 昌裕 (KURITA, Masahiro)

佐藤 康紀 (SATO, Yasunori)

その他の教員: -
科目種別: 演習 (seminar)
開講時期: 後期
対象年次: 1,2年次
開講時限: 火5
単位数: 2
必修の有無:
教室:

 

講義概要

本演習では、参加者の報告や主体的な議論を通じて、民法の基礎的な考え方を習得することを目的とする。

This course deals with the basis of Japanese Civil Code. 

到達目標

1. 民法の基礎となるべき考え方を習得すること。

2. 文献調査や研究報告の手法を習得すること。

3. 基礎的な考え方を現代的課題に適用する能力を身につけること。

教科書 普段の学習で使っているものを手元に置くこと。必要に応じて案内もする。
参考書・参考資料 演習の性質上、各自で収集・発見することが期待されるが、必要に応じて案内もする。
成績評価方法 出席・報告・発言・受講態度等を総合的に評価する。
履修条件 日本法について基礎知識を有しており、日本語での議論に参加可能であること。
授業時間外学習の指示 毎回予習すること。
質問への対応方法 随時。授業外ではまずメールで連絡すること。
その他の注意 本講義は学部の演習と共通である。出席者には、日本語での発言、文書作成が求められる。
登録前にメールで連絡をとること。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動

関連ページ

1

打合せ

対象の確定、進行の打合せ、担当の割振りなどを行う。

文献講読、対論式事例演習、テーマ研究などを予定している。

 

 

2-14

研究

初回での取り決めに従い、進めていく。

 

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/KRYDHJ

コースサマリー:

日付 詳細