コース要綱

演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ Seminar Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(宮木康博)

[講義基本情報]

教員: 宮木康博 (Yasuhiro Miyaki)
その他の教員: -
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: 月5
単位数: 4
必修の有無:
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

本演習は、「刑事法の理論と実践」をテーマに掲げ、関連分野の関わり合いを意識しながら取り組みます。模擬裁判での議論を軸にしますが、適宜、刑務所参観や検察庁等の参観を実施し、理論と実践を学習します。 
<討論について>
 各班ごとに、自分たちが担当するテーマを決定します。班員で判例や判例評釈等をベースに話し合い、レジュメを作成し、討論に備えてもらいます。討論は模擬裁判形式で実施します。 
<実務現場の参観について>
 刑務所や検察庁などの参観を通じて、実務の現場で理論の実践を学習します。
The theme of this seminar class is "Theory and Practice of Criminal Law and Procedure," and students study criminal law and procedure while keeping in mind the relationship with other related areas of law.  The discussion focuses on mock trial, but students also visit prison and prosecutor's office, etc. in order to study the theory and practice.

Discussion

Each group decides the theme of discussion.  Members conduct discussions based upon court cases and commentaries on court cases among themselves, prepare a summary, and  prepare for the debate.  The debate is conducted in the style of mock trial.

Field Work

Students learn about the actual practice of theory  on the spot through visits to prison, prosecutor's office, etc.

到達目標 【到達目標】
1.刑法・刑事訴訟法・刑事政策を関連付けて考えることができるようになる。
2.法的課題について、判例・学説を整理・理解した上で、考察できるようになる。
3.ディベートで自分の考えを相手に伝えることができるようになる。

教科書 特に指定はしません。
参考書・参考資料 適宜紹介します。
成績評価方法 平常点(出席、報告、発言などの総合評価)
履修条件 事前の選考を通過していること
授業時間外学習の指示 適宜文献の精読を指示する。
質問への対応方法 ゼミ終了後および適宜対応する。
その他の注意

特になし

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 1

イントロダクション   模擬裁判を行うが、取り上げる判例は、4月公刊の「重要判例解説」からセレクトするため、最初の講義で支持する。施設見学も現段階では決定できないため、4月の段階で告知する。  班のメンバーとともに判例および判例評釈等の文献を精読し、模擬裁判の準備をする。  

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/8ML49P

コースサマリー:

日付 詳細