コース要綱

演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(栗田昌裕、佐藤康紀) Seminar I, II, III (KURITA, SATO)

[講義基本情報]

教員:

栗田昌裕 KURITA Masahiro

佐藤康紀 SATO Yasunori

その他の教員: -
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年3年4年
開講時限: 火5
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要

民法の基礎に関わる諸問題を検討する。春学期は、判例評釈を行う。秋学期は、参加者と相談の上、テーマ報告、対論式事例演習、文献講読(希望次第で欧文も候補になりうる)などを行う予定である。

This course deals with the basis of Japanese Civil Code.

到達目標

1. 民法の基本的な考え方を習得すること。

2. 文献調査やプレゼンテーションの方法を習得すること。

3. 議論の作法を学び、既存の主張を批判的に検討したうえで自己の意見を形成する能力を高めること。

教科書

普段使っているものを手元に置くこと。

参考書・参考資料

演習の性質上、各自で収集・発見することが期待されるが、必要に応じて適宜紹介する。

成績評価方法

出席・報告・発言・受講態度等を総合的に評価する。

履修条件

なし。但し、並行して民法その他の民事法科目一般の聴講又はそれに準ずる学修を進めることが望ましい。

授業時間外学習の指示

各回ごとに個別に指示する。

質問への対応方法

授業中又は授業後に対応する。授業時間外の質問については学生便覧を参照。

その他の注意

参加者の報告及びそれに対する他の参加者の質疑を端緒として議論を進めていくことが多いと思われる。そのため、報告者の周到な準備が重要であるのはもちろんのこと、報告者以外の参加者においても最低限の予習は必要である。各自の主体的・積極的な貢献に期待する。
なお、将来的に、栗田は担当を外れる可能性があるため、その点に留意されたい。

【4/10追記】本授業の連絡や資料の配付等はCANVASを通じて実施する。履修者は本要綱末尾のURLから「コースへの登録」をすること。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 打合せ ガイダンス、自己紹介、進行打合せ、担当割り振りなど。
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

  ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/PBBNAE

コースサマリー:

日付 詳細