コース要綱

演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(村上正子・川嶋隆憲)SeminarⅠ・Ⅱ・Ⅲ

[講義基本情報]

【重要①】新型コロナウイルス感染症対応として、「その他の注意」を追記しました(2020/4/9)

【重要②】「教室」「参考書・参考資料」を追記しました(2020/4/10)

教員: 村上正子 MURAKAMI Masako 川嶋隆憲 KAWASHIMA Takanori
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: 火5
単位数: 2+2
必修の有無:
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

民事訴訟法の基礎を学ぶとともに、個別の解釈問題についての最新・重要判例を検討することを通して、民事訴訟法の現代的課題や新しい考え方等について議論し、論理的に議論を展開する基本的能力を身につけることを目的とします。取り上げる判例やテーマについては参加者と相談して決めたいと思います。

The aim of this course is to discuss the basic problems and topics of civil procedural law based on such materials as latest court cases and academic writing. Cases to study or topics to discuss will be fixed after hearing members' ideas.

到達目標 (1)民事手続法の基本的な考え方を理解する。
(2)民事手続法の諸問題について、判例・学説を分析し、自ら解決策を提示できる。
(3)他の参加者の意見等を踏まえて、説得的な結論を提示できる。
教科書 特に指定しない。
参考書・参考資料

適宜指示する。

教科書・参考書等の購入は、宅配による販売を利用することを強く推奨する。

生協の行う宅配による教科書販売については下記ホームページを参照

http://www.nucoop.jp/book/news_2/news_detail_2487.html

成績評価方法

出席・発言等の平常点(50%)、報告等の成果物(50%)で評価する。

各評価項目の評価基準は、上記到達目標の達成度による。

履修条件 特になし。
授業時間外学習の指示

前期は、授業ごとに課されたグループ課題に取り組む。

後期は、自身の報告の準備と、次回報告者の報告内容の事前理解に努める。

質問への対応方法 授業内・授業後に対応する。
その他の注意

民事訴訟法の講義を受講したか、並行して受講していることが望ましいですが、必須条件ではありません。参加者には自由な発想と積極的な発言を期待します。

 

【重要】

 新型コロナウイルス感染症対応として、特例期間中の授業は、canvasを利用して代替的な授業を実施します。

 これに伴い、授業は本ページ「コース要綱」に示したものを一部変更して行います。代替授業に関する情報は、特設ページに順次アップしますので、こまめにご確認ください。

 canvasの登録が未了の受講者は、下記の「コースへの登録」URLからメンバー登録を行ってください。

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
前期 民事訴訟法の基本問題 民事訴訟法を題材とした基本文献を講読する。小グループごとにその内容を説明し、民事訴訟法についての基本的な理解を共有する。 授業ごとに課されたグループ課題に取り組む。
後期 民事訴訟法の発展問題 各自研究テーマを選択し、調査・報告を行う。各報告と質疑応答を通じて、民事訴訟法の今日的課題について理解を深める。 自身の報告の準備と、次回報告者の報告内容の事前理解に努める。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/C3XCM7

コースサマリー:

日付 詳細