コース要綱

演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(渡部美由紀) Seminar Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

[講義基本情報]

教員: 渡部美由紀 Miyuki Watanabe
その他の教員: -
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 通年
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: 火5
単位数: 4
必修の有無:
教室: 春学期は遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要 本演習では、民事訴訟法の基本構造について学習した後、その解釈上の重要論点等について、判例や論文等を素材に検討してする(前期は民事訴訟法の基本構造について学習し、後期は重要論点について検討する予定)。
 基本的には、毎回、報告担当者を決めて報告してもらい、それに基づいて全員で討論する形式で行うが、模擬裁判形式やディベート形式での議論もありうる。具体的には、受講者と相談のうえで決定する。

The aim of this course is to help students acquire an understanding of the fundamental principles of Civil procedural law. This course deals with domestic civil cases and issues of this field. It also enhances the development of students’ skill in making oral presentation.

到達目標

①民事手続法の専門的基礎知識を正確に習得する。

②民事手続法上の問題に対して総合的に判断した上で自分なりの解決策を提示することができる。

②他の受講者等との議論を通じて法的思考能力を磨く。

教科書 特になし。

参考書・参考資料 授業の中で必要に応じて適宜指示する。

成績評価方法 平常点100%(報告内容、議論への参加度、議論の正確さにより評価する)。民事訴訟法の基本的な概念や構造の説明ができ、論点について一定の私見を提示できることを合格の基準とする。
履修条件 特になし。

授業時間外学習の指示 報告担当になった場合は事前に報告内容の準備をすること。担当者以外の学生は該当部分の学説や判例等について予習してくること。
質問への対応方法 *メールやオンライン上の手段で適宜対応する。
その他の注意

本講義はCanvasを利用します。メンバー登録がされてない受講者は、要綱ページの下の方にあるメンバー登録のURL からメンバー登録してください。

受講者には、民事訴訟法に関する事前の専門的知識は特に要求しないが、ただ「聞いているだけ」「そこにいるだけ」ではなく、積極的に議論に参加することを求めます。充実した演習にするためには、受講者の主体的・意欲的な参加が不可欠であることを意識してください。また、九州大学民事訴訟法ゼミとの合同ゼミ(今年度の開催は検討中)等、講義時間以外のゼミ活動についても積極的な参加を期待します。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
 1  オリエンテーション

顔合わせ

具体的な講義計画の決定

   
2~9  民事訴訟の基礎理論 民事訴訟法の基本構造について理解する 授業時に指示した内容について予習しておく  
10~15  民事訴訟の重要論点 民事訴訟法の争点(グループ報告・討論) 授業時に指示した内容について予習しておく  
16~25  判例演習 民事訴訟法の重要判例(グループ報告・討論) 授業時に指示した内容について予習しておく  
26~30  総復習 総復習    

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/CRCMYP

コースサマリー:

日付 詳細