コース要綱

特殊講義(東アジア法・政治入門)Introduction to East Asian Law and Politics

[講義基本情報]

教員: 宇田川 幸則 Yukinori, UDAGAWA
その他の教員: 姜東局 KANG Dongkook ,岡克彦 Katsuhiko, OKA
科目種別: 講義 Lecture
開講時期: Ⅰ期
対象年次: 1年生 First year University student
開講時限: 集中 Intensive
単位数: 2.0
必修の有無:
教室:

 

講義概要

キャンパス・アジアプログラムに参加する学生のための中国・韓国の法と政治に関する入門講義です。

This is a course on the Laws and Politics of the People’s Republic of China and Korea for CAMPUS Asia Program Student.

到達目標 現代中国法および現代韓国法・政治の歴史的経緯をおさえて、法体系ならびに政治システムについての概略とその特徴を理解することを目指します。あわせて、中国・韓国の社会や文化について法や政治の側面から理解を深めることも目標とします。
教科書

高見澤磨ほか『現代中国法入門(第8版)』(有斐閣、2019年)

教科書の購入は、Webによる販売を利用することを強く推奨する。
生協の行うWebでの教科書販売については下記ホームページを参照。
http://www.nucoop.jp/news_2/news_detail_2459.html

参考書・参考資料 適宜指示します。
成績評価方法 出席 40% 宿題 30% 筆記試験 30%
履修条件 キャンパス・アジア事前教育参加学生および長期留学修了生のみ履修可能です。
授業時間外学習の指示

必要に応じて図書館等を活用して、学習を進めてください。

質問への対応方法 事務室をつうじてメイルにてお問い合わせください。
その他の注意

2020年度春学期は防疫上の観点から特例的な進行となります。随時情報を更新しますので、受講生は要綱ページ下部にあるメンバー登録のURL からメンバー登録を必ず行ってください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 イントロダクション
2 現代中国法の歴史 現代中国法の歴史を習得
3 中国憲法(1) 憲法の展開、国家構造の基本原理に関する知識を習得
4 中国憲法(2) 国民の基本的権利と義務、国家機構、法規範の体系に関する知識を習得
5 中国の司法制度(1) 中国の裁判制度に関する知識を習得
6 中国の司法制度(2) 中国の多元的な紛争解決システムに関する知識を習得
7 家族法 中国の家族法に関する知識を習得
8 伝統中国法との関係 法家思想を軸として,現代中国法と伝統中国法との関係を理解する。
9 韓国の法と政治の歴史 韓国法と韓国政治の歴史を習得
10 韓国憲法(1) 憲法の展開、国家構造の基本原理に関する知識を習得
11 韓国憲法(2) 国民の基本的権利と義務、国家機構、法規範の体系に関する知識を習得
12 韓国の司法制度(1) 韓国の司法制度に関する知識を習得
13 韓国の司法制度(2) 韓国の司法制度に関する知識を習得
14 家族法 韓国の家族法に関する知識を習得
15 総括

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/FHWBNG

コースサマリー:

日付 詳細