コース要綱

特殊講義(外書購読Ⅰ)Reading Foreign Documents Ⅰ

[講義基本情報]

教員: 宇田川 幸則 UDAGAWA, Yukinori
その他の教員: -
科目種別: 講義 Lecture
開講時期: I期 Ⅲ期 Ⅴ期 Ⅶ期
対象年次: 1年 2年 3年 4年 1st~4th year University student
開講時限: 水5 Wednesday 5
単位数: 2
必修の有無:
教室: 遠隔授業の方法による。出校は控えること。

 

講義概要

この講義では、中国語・韓国語文献の講読を行います。受講生の個々の希望に応じて、中国法、中国政治、韓国法および韓国政治のグループに分かれ、分野ごとの原語(中国語・韓国語)で書かれた文献の講読を行います。テキストは受講生の興味関心および語学レヴェルに応じて、講義担当者が準備します。

In this course, students will read documents in Chinese/Korean.

Students will be separated into groups for Chinese Law, Chinese Politics, Korean Law and Korean Politics based on their individual preferences and read documents regarding the respective topics in their original languages (Chinese/Korean). The instructors will prepare reading materials based on the students’ interest and language proficiency.

到達目標 中国語・韓国語文献の講読をつうじて、受講生の中国および韓国の法と政治に関する知識を涵養し、理解を深めていただくことを目的としています。

教科書 とくに指定しません。
参考書・参考資料 専門分野の原書講読に耐えうる辞書(電子辞書も可)を準備の上、受講してください。
どのような辞書が適切かについては、初回に説明します。
成績評価方法 平常点(出席が前提、報告50%、議論への参加50%)にもとづいて行います。
履修条件 原則として、キャンパス・アジアプログラムに参加し、中国・韓国の大学に留学することを目的とする、または留学から本学に戻った学生を対象とします。
授業時間外学習の指示

必要に応じて図書館等を活用して、学習を進めてください。

質問への対応方法

事務室をつうじてメイルにてお問い合わせください。

その他の注意

2020年度春学期は防疫上の観点から特例的な進行となります。随時情報を更新しますので、受講生は要綱ページ下部にあるメンバー登録のURL からメンバー登録を必ず行ってください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 ガイダンス これまでの中国語・韓国語の学習歴や参加者の興味関心にもとづき、テキストを選択する。
2〜14 テキストの和訳・内容の解説 和訳の作成
15 全体の総括

 ※本コースにメ同上ンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/W3EH3T

コースサマリー:

日付 詳細