コース要綱

ミクロ経済学Ⅰ


[講義基本情報]

教員: 田村 彌(大学院経済学研究科)
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅱ期
対象年次: 1年
開講時限: 月1
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

講義概要

ミクロ経済学は、価格理論とインセンティブ理論の2つの柱からなる学問分野であり、経済学全般の基礎理論と位置づけられています。本講義では、効率的な資源配分と市場メカニズムの機能を分析する価格理論の基礎的分析力を育成することを目的とします。

到達目標

経済学全般において用いられる「パレート効率性」や「弾力性」といったコンセプトを正しく理解し人に伝えられること、需要と供給の理論に即して市場のデータを分析・解釈できることを到達目標とします。

教科書 -
参考書・参考資料

[1] 神取道宏『ミクロ経済学の力』日本評論社

[2] 神戸伸輔・寳多康弘・濱田弘潤『ミクロ経済学をつかむ』有斐閣

成績評価方法

課題、授業の参加、定期試験に基づき評価します。履修取り下げ制度は採用しません。定期試験を受験しなければ「欠席」となります。

履修条件 -
授業時間外学習の指示 *
質問への対応方法 *
その他の注意 経済学部のシラバスも確認すること。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 ガイダンス / ミクロ経済学とは
2 価格比と限界代替率
3 効用最大化問題
4 代替効果と所得効果
5 弾力性
6 消費者の厚生評価
7 パレート効率性
8 競争均衡と厚生経済学の基本定理
9 生産関数
10 費用関数
11 損益分岐価格と操業停止価格
12 生産者余剰
13 生産者理論の復習
14 生産も含む一般均衡分析
15 まとめと応用

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/Y9PXTX

コースサマリー:

日付 詳細