コース要綱

法と政治の思想 Legal and Political Thought

[講義基本情報]

教員: 岡克彦(OKA Katsuhiko)、佐藤史人(Sato Fumito)、姜東局(Kang Dongkook)、波多野敏(Hatano Satoshi)
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅰ期
対象年次:
開講時限: 水2
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

特になし

 特になし

講義概要

各担当教員がそれぞれの専門に即しながら、

1、西洋の法思想(波多野)
2、社会主義の法思想(佐藤)
3、近現代アジアの法思想(岡)
4、政治思想(姜)

について講義をしていくことになる(ただし講義の順序はいれかわることがある)。
それぞれの具体的内容については、各教員から講義の際に説明があるので、それを参照のこと。

Each Professor will give the lecture on his/her own major in turn(the order of the parts could be changed).

1 Legal thought in Europe (Hatano)
2 Legal thought of Socialism (Sato)
3 Legal thought in modern Asia (Oka)
4 Political thought (Kang)

On concrete contents of the parts, each professor will explain in detail at the beginning of his/her turn.

到達目標 本講義の目的は、法や政治の具体的な制度や機能の学習へと進んでいく前に、それらの背景となっている思想を学ぶことを通して、法や政治について原理的に思考するための地盤を養うとともに、日本やアジア、西洋各国など、多様な法と政治の思想に触れることによって、異なった時間的、空間的視点から、法や政治という現象を多角的に眺めていくための基礎知識を身につけることである。
教科書 教科書は使用しない。講義においてレジュメを配布する。
参考書・参考資料 講義中に適宜紹介する。
成績評価方法

学期末の論述式定期試験で評価を行う予定である。定期試験に欠席した者を「欠席」、出席のうえ不合格となった者を「F」とする

履修条件   
授業時間外学習の指示 *参考書による予習や復習など、時間外学習の具体に関しては、各教員からの指示に従うこと。
質問への対応方法 *授業後に対応する。メールなどによる対応については、各教員の方針による。
その他の注意

本講義は各教員によるリレー形式で開講されるものである。本年度の担当教員は、佐藤史人(現代ロシア法)、岡 克彦(アジア法)、波多野敏(西洋法制史)、姜東局(東洋政治思想史) である。

今学期は、遠隔講義を実施します。各教員の講義進行の方法などについては、CANVASを通じてお知らせしますので、受講希望者は要綱ページの下の方にあるメンバー登録のURLから登録を行ってください。講義は、「佐藤教授(3回)→波多野教授(3回)→姜教授(6回)→岡教授(3回)」の順で行われます。また、現在のところ、期末試験は予定通り実施する方針です。

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/DAEA98

コースサマリー:

日付 詳細