コース要綱

現代日本の政治と行政 Contemporary Japanese Politics and Public Administration

[講義基本情報]

教員: 増田知子・田村哲樹・近藤康史・荒見玲子 MASUDA Tomoko, TAMURA Tetsuki, KONDO Yasushi, and ARAMI Reiko
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: Ⅱ期
対象年次: 1年
開講時限: 水2
単位数: 2
必修の有無:
教室: 未定

 

講義概要

 本講義は、日本の政治と行政に関わるトピックを中心としつつ、2年次以降に政治学の様々な専門科目を学んで政治学の総合的な知識を習得するための、前提となる基礎的な知識や考え方を提供する。本講義は、複数の教員によるオムニバス形式で行われ、以下の内容によって構成される。より詳細な内容は、講義時に各教員によって説明される。

1.近代日本の政治(増田)

 近代日本議会政治の戦前と戦後の連続性と断絶性を中心に学修する。

2.現代日本と欧米諸国の政治(近藤)

 現代日本と政治の特徴と展開を、欧米諸国との比較から学修する。

3.現代日本の行政(荒見)

 現代日本の行政の発展、特徴と課題を中心に学修する。

4.現代政治の課題(田村)

 現代政治、特に民主主義をめぐる諸問題と今後の展望を中心に学修する。

 

  This course offers introductory basics based on which students can study more specialized political science courses in higher academic years. Topics include modern Japanese Politics, contemporary Japanese and other advanced countries' politics, public administration and policy in Japan, and problems of contemporary democracy. This course is conducted in a relay-style with four faculty members.   

到達目標

この講義では、以下の諸点を身につけることを通じて、政治学を専門的に学修するための、基礎的な知識や考え方を獲得することを目標とする。

・近代日本の政治の特徴と展開を理解し説明できる。

・現代日本を中心とする政治の特徴と展開を理解し説明できる。

・現代日本の行政をめぐる課題を理解し、現実の動向とその展望について考えることができる。

・現代民主主義をめぐる諸問題を理解し、今後の展望について考えることができる。

教科書 教科書は指定しない。講義では、担当教員が作成するスライドやレジュメ等を用いる。
参考書・参考資料

講義中に、必要に応じて適宜紹介する。

成績評価方法

学期末筆記試験によって評価する。90点以上をS、80~89点をA、70~79点をB、60~69点をC、それ以下をF評価とする。

履修条件 特に必要な履修条件はない。
授業時間外学習の指示 講義で示されたスライドおよび配布されたレジュメの内容を、講義後に復習しておくこと。
質問への対応方法 講義終了後に適宜受け付ける他、各教員に電子メールにて質問することもできる。
その他の注意

各担当教員ごとに適宜出される指示に従うこと。

 

1 近代日本の政治
2 現代日本と欧米諸国の政治
3 現代日本の行政
4 現代政治の課題

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/PYD6WA

コースサマリー:

日付 詳細