コース要綱

:(9300108)テーマ研究Ⅱ 

[講義基本情報]

教員: 担当教員(「講義概要」記載の法分野のいずれかとの関係で本科目の履修を学生に許可し、当該学生の個別指導を担当する本研究科所属の研究者教員(専任)。以下同じ)
その他の教員:
科目種別: 展開先端
開講時期: 秋学期
対象年次: 3年(2年コ-ス2年)
開講時限: 水5
単位数: 2
必修の有無: 選択
教室:

 

講義概要 特定の法分野(本研究科に当該分野を専門とする専任の研究者教員がいるものに限る)のいずれかにおける発展問題(基本的には「テーマ研究I」で研究テーマとして選択したもの。研究テーマの変更は、研究の進展に伴う発展的変更の場合にのみ認められる)につき、担当教員の指導のもとでリサーチペーパーを作成する。担当教員が演習と論文指導をかねた形式で個別指導を行う。
到達目標 「テーマ研究I」での研究結果を踏まえ、担当教員による個別指導を経てさらに発展的な内容のリサーチペーパーを作成することを通じて、
(1)より高度な法的知識を取得する
(2)理論的分析能力を高める
(3)表現力を高める
ことを目標とする。
教科書 必要に応じて担当教員が指示する。
参考書・参考資料 必要に応じて担当教員が指示する。
成績評価方法 平常点とリサーチペーパーによる。リサーチペーパーの概要等については学生便覧を参照。
履修条件

テーマ研究Ⅰを履修済みであること。
所定の手続を経て、担当教員の承諾を得ること。

履修申請は必ず「テーマ研究I」とセットで行うこと。

授業時間外学習の指示 *担当教員が指示する(関連文献の精読等)。
質問への対応方法

*担当教員が指示する(基本的には講義時及びオフィスアワー(学生便覧参照)に対応する)。

その他の注意  博士課程後期課程への進学を目指す者は履修することが望ましい。

 

【講義計画(講義内容)】

・関連文献・情報の収集方法等の(再)確認

・「テーマ研究I」で研究した内容も踏まえた研究テーマの検討・確定及び研究計画の策定

・研究テーマに関連する問題についての演習(報告及び討議)の実施

・リサーチペーパーの作成に向けての検討・確認(論文指導)

・リサーチペーパーの提出及び担当教員による講評

 

 

コースサマリー:

日付 詳細