コース要綱

:(9300084)企業法務

[講義基本情報]

教員: 野田 裕之
その他の教員:
科目種別: 展開先端
開講時期: 春学期
対象年次: 3年(2年コース2年)
開講時限: 木5
単位数: 2
必修の有無: 選択
教室:

遠隔講義の方法による。

具体的な方法についてはページを参照すること。出校は控えること。

 

講義概要 企業法務につき、あるべき姿、役割など総論から、実際の業務・事例を擬似体験することで各論の理解も深める。
実務家としての様々な経験を有する教員(弁護士や企業法務従事者)に講義をしてもらい、具体的な事案を通して、企業法務の役割や実務を体感し、法曹としての感覚を養ってもらうことを目指す。
また、 課題を何回か出題する予定である。
到達目標 1)将来、企業をクライアントとする弁護士または企業内弁護士としていかにして企業法務を進めるべきかという、実務の感覚をつかむ。
2)企業を取巻くさまざまな環境やステークホルダーを意識し、常に社会的な物差しで事業活動を判断しながら行い、会社に貢献するという企業法務の役割を体感し、理解する。
3)実際の企業法務のケースで遭遇する、法律に書いていないケースや必ずしも正解がなくリスクに注意しながらこれを最小限にマネジメントして行っていかなければならないケースにおいて、社会常識に基づき、説明責任、バランス感覚に裏付けられた適切な判断ができる素養を育てる。
4)企業法務の重要分野である会社法につき立体的に理解し、企業法務において活用できるようになる。
教科書 教科書は使用せず、授業の都度、教官作成のレジメを配布する。
授業内容に応じて適宜、参考資料を配布する。
参考書・参考資料 参考書(必要に応じて、内容を紹介する)
・「会社法務部[第10次]実態調査の分析報告」別冊NBL135号、商事法務研究会
・「コンプライアンス・プログラム作成マニュアル」経営法友会マニュアル等作成委員会編、経営法友会ビジネス選書4、商事法務
・「企業活動の法律知識(新訂第七版)」経営法友会大阪支部
・「経営法友会創立40周年記念誌・会社法務部・足跡と展望」
その他、授業の進行に応じて紹介する
成績評価方法 平常点(出欠、授業での発言・討論への参加状況並びに課題提出実績及び内容)45点、
期末試験55点。
期末試験:オープンブック方式で90分の試験を行う。
履修条件 企業法務に興味があること。インターネットおよびMSワードを活用できること。
授業時間外学習の指示 資料を読んでくること及び課題の指示があった場合には課題の作成をすること。
質問への対応方法 授業の前後及びメール(h.noda@law.nagoya-u.ac.jp)にて対応する。
その他の注意

本講義は各分野で活躍されている多数のゲスト講師をお招きして、それぞれ各講義を分担して行ってもらう予定である。 授業ではパワーポイント資料をプロジェクターから投影して進めることがあるが、この場合には、シラバスシステムの資料としてPDFで同一内容のものをアップするので、使いやすい方を見ること。なお、この授業では、山口憲一先生、矢崎信也弁護士(村瀬・矢崎綜合法律事務所)、平井朝弁護士(平井綜合法律事務所)、野村朋加弁護士(あゆの風法律事務所)、菊田利昭弁護士(菊田法律事務所)、加藤淳也弁護士(城南法律事務所)及び永田明良弁護士(十六銀行)の各先生に講義の担当をお願いしている。

名古屋大学におけるCOVID-19問題についての下記の指針を参照すること(とくに「5.
学生の入構制限」に注意)。

 <http://www.law.nagoya-u.ac.jp/_userdata/20200409shishin2.pdf>
http://www.law.nagoya-u.ac.jp/_userdata/20200409shishin2.pdf

(なお、「方針」における警戒カテゴリー・レベルは更新される―上記のものはあく
まで4月9日現在のものである―ので、名古屋大学HP(トップページ)にある「新型コロナウィルス感染症(COVID‐19)における名古屋大学の活動方針」を随時確認するようにすること。)

 

1 ▽ガイダンス・企業に帆ける法務の役割概論(山口先生・野田)
(4/23)
第1回なので、開講にあたっての教官、学生の自己紹介を予定。その後、下記について概説する。
・企業における法務組織と法務の役割
・主要各社の法務組織
・国内/海外の弁護士事務所
・法律事務所の選任と弁護士の役割
資料を読んでくる。
 
2 ▽企業のコーポレートガバナンス体制について(中東先生・野田)
(4/30)
会社法改正の動向について,コーポレートガバナンスに関わる事項を中心に,概説する。 資料を読んでくる。

3

▽不祥事公表方法、問題点及び不祥事の予防策と対応策(矢崎弁護士・野田
(5/7)

企業不祥事の公表方法及びその問題点を検討するとともに,企業不祥事の予防策・対応策について検討をする。

資料を読んでくる。

4

▽最近の不祥事事案について(平井弁護士・野田)
(5/14)

近時問題となっている企業不祥事事案について,その問題点等を解説する。 資料を読んでくる。企業不祥事についてレポートを作成していただく予定。
5

▽企業不祥事の問題点及び内部通報制度の意義(野村弁護士・野田)
(5/21)

不祥事案件に対する企業の取り組みと,企業活動における内部通報制度について,その役割と意義を概説する。

資料を読んでくる。

6 ▽反社会的勢力に対する対応(菊田弁護士・野田)
(5/28)
反社会的勢力の現状,法規制(暴対法,暴排条例等),反社会的勢力と対峙する際の心得等を概説する。 資料を読んでくる。
7 ▽株主総会対応(山口先生・野田)
(6/4)
株主総会に関する最近の状況等について学習する(年1回の株主総会の準備、QA作成等、関係する各部の役割等)。

資料を読んでくる。株主総会QAの作成を課題としてお願いする予定。
8

▽社外取締役の役割と責任(加藤弁護士・野田)(6/11)

弁護士が社外取締役として関わるとき,企業から何を求められ,どのような活動をするべきか。実体験を踏まえ,社外取締役としての役割と責任を考察する。 資料を読んでくる。
9 ▽監査役の役割と責任(山口先生・野田)
(6/18)
株式会社における監査役の法的責任を確認しつつ,企業活動において監査役に求められる役割について,具体的な活動状況を含めてその内実を概説する。 資料を読んでくる。
10 ▽企業における、人事トラブルへの法務対応(野田)
(6/25)
企業におけるハラスメント・退職代行業者への対応などに関する事例検討を通じ、企業法務としての「動き方」を検討する。

資料を読んでくる

11

▽企業活動における不公正な取引方法(野田)

(7/2)

企業間での取引で問題となる不公正な取引方法についての法規制について概観し,企業としての注意点を検討する。 資料を読んでくる。
12 ▽企業活動における贈賄・カルテルの留意点(永田弁護士・野田)
(7/9)
日本だけでなく海外の法律,事件を通じ,国際ビジネスを展開する企業において,不祥事発生リスクを抑えるために本社法務部が果たす役割について検討する。 資料を読んでくる。

 。
13 ▽企業活動と営業秘密の管理(野田)(7/16) 企業活動における収益の源泉となる情報が,営業秘密や特許等の制度により,さらには企業・従業員等の間の契約によりどのように保護されているのかについて,現状と課題を概説する。 資料を読んでくる。
14

▽企業における労働問題について(山口先生・野田)(7/30)

企業における労働法関係(解雇、メンタル、派遣等)について講義する。 資料を読んでくる。
15 ▽企業における債権回収の実務(野田)(8/6) 債権回収の問題が生じる場面を概観して,それぞれの場面に応じた債権回収における様々な方法と,それぞれのメリット・デメリットを検討し,実務的な問題点を解説する。 資料を読んでくる。
16 ▽試験

オープンブック方式(六法、資料等の持ち込自由)で期末試験を行う。

期末試験を行う。

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/WHEGTK

コースサマリー:

日付 詳細