コース要綱

:(9300068)環境法Ⅱ

[講義基本情報]

教員: 赤渕 芳宏
その他の教員:
科目種別: 展開先端
開講時期: 秋学期
対象年次: 2年(2年コース1年)
開講時限: 木5
単位数: 2
必修の有無: 選択
教室:

 

講義概要  この講義では、春学期開講の「環境法I」を履修したことを前提として、引き続き、「環境法I」で扱われなかったテーマ(物質循環管理、生物多様性保全、気候変動対策)につき、各テーマに関連する法律(循環型社会形成推進基本法、廃棄物処理法、容器包装リサイクル法、自然公園法、地球温暖化対策推進法)に重点を置いて検討を行う。
 各法律につき、制定・改正の背景と目的、基本発想、基本概念、それにより設けられた法制度の構造、環境法の基本原則との関連につき解説する。各法律とそれにより設けられた法制度が、環境の保全(環境問題の解決)にあたってどのような機能を果たし、またどのような課題や限界を有するのかを明らかにする。あわせて、そうした課題や限界に対していかなる法的対応を講じることが望ましいかにつき検討する。

到達目標

(1)基本概念を理解していること。
(2)重要な環境法制度につき、その成立背景、目的、構造、および環境法の基本原則との関連を理解していること。
(3)具体的事例において主要な法的論点を挙げることができること。
(4)主要な法的論点のそれぞれにつき、適切な法令および条項を選択し、当てはめ、問題を解決できる素養があること。
(5)現行法が抱える課題や限界を踏まえ、あるべき法制度を論じる素養があること。

 

教科書 大塚直『環境法BASIC〔第2版〕』(有斐閣、2016年)
レジュメを使用する場合がある(事前に指示する)。

参考書・参考資料

重要な参考書として、大塚直・北村喜宣(編)『環境法判例百選〔第3版〕』(有斐閣、2018年)、大塚直・北村喜宣・高村ゆかり・島村健(編)『八訂ベーシック環境六法』(第一法規、2018年)を挙げる。

この他の参考書としては、以下のようなものがある。

大塚直『環境法〔第3版〕』(有斐閣、2010年)
北村喜宣『環境法〔第4版〕』(弘文堂、2017年)
阿部泰隆・淡路剛久(編)『環境法〔第4版〕』(有斐閣、2011年)
越智敏裕『環境訴訟法』(日本評論社、2015年)
吉村良一『公害・環境訴訟講義』(法律文化社、2018年)
大塚直・北村喜宣編『環境法ケースブック〔第2版〕』(有斐閣、2009年)
日本弁護士連合会編『ケースメソッド環境法〔第3版〕』(日本評論社、2011年)
松村弓彦ほか『ロースクール環境法〔第2版〕』(成文堂、2010年)
佐藤泉・池田直樹・越智敏裕『実務環境法講義』(民事法研究会、2008年)

 

成績評価方法

(ア)授業時の準備状況・発言内容等(20%)、(イ)レポート課題(20%)、(ウ)期末試験(60%)により評価する。
レポート課題は授業中に指示する。
到達目標に照らして評価する。(ア)および(イ)については、到達目標の(1)・(2)に重点を置きつつ、(3)から(5)までについても評価する。(ウ)については、(1)・(2)を踏まえつつ、(3)から(5)までに重点を置いて評価する(ただし、出題の難易度の影響が大きくならないように調整する)。

 

履修条件

「環境法I」を履修済みであること。

 

授業時間外学習の指示

教科書および参考書を用いて、講義内容の復習を行うこと。
次回の講義内容の予習を行うこと。

質問への対応方法 講義終了後に受け付ける。時間の不足等により十分に対応することができない場合には、爾後に面談またはメールによって対応する。
その他の注意

本講義は双方向的に進められるので、事前の十分な予習が求められる。

 

1 環境法の全体像
10/1

環境法の特色と、環境法を学ぶにあたっての留意点を確認する。
「環境法I」で取り扱われたテーマを振り返り、理解を再確認する。

「環境法I」で学習した内容を復習しておくこと。
2 物質循環管理(1)
10/8

わが国においてこれまで廃棄物問題がどのように展開してきたか、そのような問題に対して法はどのように対応してきたかを理解する。
循環型社会形成推進基本法において定められた基本概念、対策の優先順位、各主体の責務・責任を理解する。

 

教科書第7章7-1、Column28、Column29、7-4を読んでおくこと。
3 物質循環管理(2)
10/15

廃棄物処理法において定められる、廃棄物の概念、廃棄物処理に係る法制度の基本構造を理解する。

 

教科書第7章7-2を読んでおくこと。
4

物質循環管理(3)
10/22

廃棄物処理法において定められる、廃棄物処理に係る法制度の全体像を理解する。 復習を兼ねて、教科書第7章7-2を読んでおくこと。
5

物質循環管理(4)
10/29

発生抑制・再使用・再生利用に関する法のうち、容器包装リサイクル法において定められるリサイクルに係る法制度の基本構造を理解する。

 

教科書第7章7-3を読んでおくこと。
6 物質循環管理(5)
11/5

発生抑制・再使用・再生利用に関する法のうち、家電、自動車、食品などのリサイクルに係る法制度の基本構造を理解する。

 

復習を兼ねて、教科書第7章7-3を再度読んでおくこと。
7 物質循環管理(6)
11/12

廃棄物処理をめぐる紛争としてどのようなものがあるかを、裁判例を通じて理解する。

 

教科書第12章12-4を読んでおくこと。
8 生物多様性保全(1)
11/19

わが国においてこれまで自然破壊問題がどのように展開してきたか、そのような問題に対して法はどのように対応してきたかを理解する。
生物多様性保全に関する法の全体像を理解する。

 

教科書第8章を読んでおくこと。
9 生物多様性保全(2)
11/26

自然公園法において定められる自然公園制度の基本構造を理解する。

 

教科書第8章8-2の中の2(1)(321-336頁)を読んでおくこと。
10 生物多様性保全(3)
12/3

生物多様性保全に関する法のうち、自然環境保全法、希少種保存法、外来生物法などの概要を理解する。

 

復習を兼ねて、教科書第8章8-2を再度読んでおくこと。
11 生物多様性保全(4)
12/10

生物多様性保全をめぐる紛争としてどのようなものがあるかを、裁判例を通じて理解する。

 

レジュメの内容を確認しておくこと。
12 気候変動対策(1)
12/17

これまで気候変動問題がどのように展開してきたか、そのような問題に対して法はどのように対応してきたかを理解する。
気候変動対策に関する法の全体像を理解する。

 

教科書第10章を読んでおくこと。
13

気候変動対策(2)
12/24

地球温暖化対策法において定められる、気候変動対策に係る法制度の基本構造を理解する。

 

復習を兼ねて、教科書第10章を再度読んでおくこと。
14 公害健康被害の補償(1)
1/14

わが国において、公害健康被害の補償という問題がどのように展開してきたかを理解する。
公害健康被害補償法において定められる公害健康被害補償制度の基本構造を理解する。

 

教科書第9章9-1(1)を読んでおくこと。
15

公害健康被害の補償(2)
1/21

公害健康被害の補償に関する法のうち、水俣病や石綿健康被害に関する健康被害補償制度の概要を理解する。

 

復習を兼ねて、教科書第9章9-1を再度読んでおくこと。
16 期末試験・講評

 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/XBREFN

コースサマリー:

日付 詳細