コース要綱

:(9300041)法曹倫理Bクラス

[講義基本情報]

教員: 野田 裕之、松尾 陽
その他の教員:
科目種別: 実務基礎
開講時期: 秋学期(後期)
対象年次: 3年(2年コ-ス2年)
開講時限: 木4
単位数: 2
必修の有無: 必修
教室:

 

講義概要 若い年次の法曹実務諸科目をできるだけ修めた上で受講。こうして法曹の社会的現実を多少とも実感した上で,法曹倫理の授業を集中的に受講,法曹としての責任感・倫理観を涵養し,社会貢献ができるための素養を身につける。たとえば弁護士倫理の場合,弁護士活動を律する執務規範の概要を学び,わが国における弁護士の歴史と現況を確認し,原則に立ち戻り,その社会的責務を考察する。なお、本講義は,「法科大学院における共通的な到達目標」に沿って,具体的講義内容を設定している。実践の場における判断や行動,表現ができるように,講義形式だけでなく,先輩法曹との事例研究やシミュレーション・ビデオの解析など,多様な教育手法を活用。実務家教員と研究者教員とのチーム・ティーチング。
到達目標 (1)具体的な職業倫理上の問題が提起する思想的歴史的問題性格がわかり,法的知識と手法を応用することによってその解決を図ることができる。
(2)職業倫理的な問題が現れるロイヤリングの場面,その他,法律基本科目・展開先端科目においても法曹倫理問題を認知し,適切に対応することができる。
(3)職業倫理の問題がどのように生き方や公共哲学の問題と関わるかを体感できる。
これらを通し,豊かな人間性の涵養・向上をめざす。

教科書 森際康友編『法曹の倫理』第3版(名古屋大学出版会、2019年)

※各講義は、本教科書該当章の熟読を前提に進める。

参考書・参考資料 講義の進行にあわせて適宜指示。インターネット上で参照可能でないものは,プリントして配布。

成績評価方法 (1)授業への参加意欲  30%   到達目標(1),(2),(3)の口頭表現能力
(2)小レポート2回   20%   到達目標(1),(2),(3)の記述表現能力
(3))学期末試験            50%   到達目標(1),(2),(3)の記述表現能力
履修条件
授業時間外学習の指示 *次回の授業の予習をすることが求められている。予習範囲は、シラバスの中で示されている。
質問への対応方法 *授業後に受付、その場で回答する。また、時間が足りなければ、キャンバスシステムのアナウンス欄で回答することもある
その他の注意 多様な観点を理解するために,浅賀哲、尾関栄作、石畔重次、柴垣直哉、馬場陽、各弁護士をゲストとして招く。

 

1 21世紀日本法曹の社会的責任・弁護士の専門職責任総説

1) コースの概要説明 
1-1)講義の目標の確認、シラバスの説明
1-2)授業方法、成績評価の説明

2)① <法曹倫理>概念とその意義を理解するための全体状況概観。
法曹倫理を学ぶ意義,21世紀日本社会の課題,公共性の革新,信頼される司法の理念、法律職の専門職責任を理解する。
② 事例考察とコア価値説明を踏まえて、在野でありながら公共的責務を持つ弁護士の専門職責任について考察する。

効率的に授業参加する準備:コアカリの通読、シラバスシステム利用法の確認,等.

森際康友編『法曹の倫理』2.1版(名古屋大学出版会)の
「はしがき」と「終章」を熟読しておくこと。

 

2 誠実義務と利益相反(1)講義篇のみ

以下4回にわたり,民事事件を中心に、弁護士倫理の中核的価値・原理を取り扱う。初回は

【誠実義務】

1)誠実義務が弁護士倫理の根幹をなすことを説明できるように支援する。
2)誠実義務の具体的表現である(ア)利益相反、(イ)守秘義務 について理解する。

【利益相反(1)】

事例研究を通して利益相反の諸類型と問題性格を説明できるように支援する。

今回は、職務基本規程27条28条を概観する。

 

教科書の第1章と第2章のの通読

3

誠実義務と利益相反(1)演習篇のみ

【誠実義務】

1)誠実義務が弁護士倫理の根幹をなすことを説明できるように支援する。
2)誠実義務の具体的表現である(ア)利益相反、(イ)守秘義務 について理解する。

【利益相反(1)】

事例研究を通して利益相反の諸類型と問題性格を説明できるように支援する。

今回は、職務基本規程27条28条を概観する。

教科書の第1章の章末設問1と教科書第2章の章末設問1を中心に討論予習.


4

利益相反(2)

講義篇と演習篇

職務基本規程2728条の概観を踏まえて、利益相反の類型を学習する。

中立型調整役弁護士などの応用論点も取り扱う。

 

教科書第2章の通読、章末設問2を中心に討論予習。

 

5

 守秘義務

講義篇と演習篇

事例研究を通して守秘義務の諸類型と問題性格を説明できるように支援する。

ゲスト講師: 尾関栄作弁護士




教科書第3章の通読と章末設問1および配付課題(設問付き)を中心に討論予習.

 

6

 

原理編まとめ


講義篇と演習篇

今回は、原理編の内容をおさらいし、これまでの講義で取りこぼした設問などを取り扱う。

第10章第3節の通読と設問2.

なお、次回の第7講以降はこれまでの原理の適用であり、また、予習の範囲が広い.第5週の予習と連続して通読を進められたい.

小レポートの課題

7

依頼者と弁護士の関係(1)

講義篇と演習篇

以下3講では、相談・受任・調査・事件処理、そして辞任・紛議調停まで,時系列的にどのような問題が起こりうるかを総合的に考察する。

本講では、最近の状況を説明の上、弁護士生活でどのような問題が起こりうるかを実態的に考察する。

ゲスト講師: 柴垣直哉弁護士

第4、5、6章の熟読、予習すべき設問は5章設問1




8

依頼者と弁護士の関係(2)




講義篇と演習篇

1)弁護士生活における職業倫理問題を総合的に考察。

2)組織内弁護士の増加、グローバル化の状況など、弁護士の置かれた状況を理解する。

3)弁護士と相手方・第三者との関係,および他の弁護士,裁判所との関係に関わる主要問題を考察する。

4)どのような問題が起こりうるかを演習問題を中心に実態的に考察する。

教科書の7章の通読、7章の章末設問1の予習

9 刑事事件(1)
講義篇と演習篇

小レポートの講評

刑事事件に関わる弁護士の専門職責任を2回に分けて考察。

本講では,依頼者と弁護士の関係を理解する。

教科書第8章の通読と章末設問1を討論予習.
10

刑事事件(2)

講義篇と演習篇

弁護士と被害者・第三者,裁判官・検察官との関係を理解する。

ゲスト講師: 馬場陽弁護士

教科書第8章を復習の上、設問3の討論予習.


11

裁判官の専門職責任


講義篇と演習篇

裁判官制度の沿革・職務・役割,職業倫理(具体例を用いた考察)

教科書第11章の通読と章末設問1を改訂した設問の討論予習.

12

検察官の専門職責任

講義篇と演習篇

検察官制度の沿革・職務・役割,職業倫理(2010年大阪地検特捜部主任検事証拠改竄事件を用いて考察するので、各自事件の概要を調査しておくこと) 教科書第12章の通読、章末設問1を中心に討論予習.

13

弁護士の社会的責任

講義篇と演習篇


弁護士の社会的責任の3要素
1)公共的責任: プロ・ボノ活動、広報などアクセスの保障、多様な政策形成への寄与など
2)経営責任: 弁護士事務所の経営・管理責任,業態の多様化,営業活動の制限と緩和,「非弁提携」
3)これらを媒介するものとして、集団的責任: 
弁護士制度と弁護士会の沿革,弁護士自治の理念を踏まえた,弁護士会等、自治組織の一員としての責任 

ゲスト講師: 浅賀哲弁護士

教科書第9章の通読と章末設問2,3を中心に討論予習.


14

弁護士の専門職責任の複雑性


講義篇と演習篇

経営者・組織人・公共人という弁護士の3つの立場との関連で専門職責任を理解し,
グローバル化が進む中での欧米と比較する。

ゲスト講師: 石畔重次弁護士
教科書第10章の通読、10章の設問3と配布の設問と資料を中心に討論予習.

15 総括



総括討論
教員による総合的講評


16 試験


※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/6NDGXH

コースサマリー:

日付 詳細