コース要綱

:(9300027)民事訴訟法ⅠAクラス

[講義基本情報]

教員: 村上 正子
その他の教員:
科目種別: 法律基本 民事系
開講時期: 春学期
対象年次: 2年(2年コ-ス1年)
開講時限: 火3 水1
単位数: 4
必修の有無: 必修
教室: 遠隔講義の方法((音声付き)資料提示やzoom)による。出校は控えること。

 

講義概要 民事訴訟を規律する法律である民事訴訟法の内容を訴訟手続の流れにそって説明する。本講義では、訴えの提起から判決が下されるまでの第一審手続について扱う。その際,民事訴訟法に関する知識を断片的に提供するのではなく,体系的に整理された基礎理論と個別の論点を、手続全体の流れとの関係で受講者全員が理解することを目指して、可能な限り分かりやすく説明したい。
単に現時点における実務処理や教科書の抽象的な記述を暗記するだけではなく、当事者間の衡平、裁判の適正・迅速という民事訴訟の理念を実現するために考慮されるべき要素と、それぞれのバランスをどうとるべきかについて、自分なりに利益衡量できるようになるため、さらには実務における法形成ができるようになるための準備段階として、基礎理論の理解を深めるようにしたい。
なお、本講義においては、「法科大学院における共通的な到達目標」を踏まえつつ、具体的な講義内容を設定している。
到達目標 1:民事訴訟法の基本概念および基本原則を正確に理解することができる。
2:与えられた事案をもとに、争点・論点を把握することができる。
3:通説・判例を正確に理解する。
4:実体法との関係を意識できる。
5:多様な見解について、それぞれの見解の根拠や批判を理解し、与えられた事案に適用することができる。
6:個別の論点の位置づけを手続全体との関係で理解する。

教科書 特に指定しない。
参考書・参考資料

高橋宏志=高田裕成=畑瑞穂編『民事訴訟法判例百選〔第5版〕』(有斐閣,2015年)は授業に際して判例に関する理解を深めるためには必須。
高橋宏志『重点講義民事訴訟法【上】(第2版補訂版)』(有斐閣、2013年)、同『重点講義民事訴訟法【下】(第2版補訂版)』(有斐閣、2014年)は予習・復習のためには手元にあるのが望ましい。
特定の教科書は指定しないが、各自で予習・復習のために適宜体系書を選択・利用されたい。なお最近の体系書として、中野貞一郎=松浦馨=鈴木正裕編『新民事訴訟法講義[第3版]』(有斐閣、2018年)、伊藤眞『民事訴訟法[第6版]』(有斐閣、2018年)。

その他適宜講義中に示す。

成績評価方法

(1)平常点(講義への出席、課題の提出)30点、(2)中間レポート20点

及び(3)学期末試験50点の総合評価により、60点以上を合格とする。

到達目標(1)について:平常点
到達目標(2)について:中間レポート、学期末試験、平常点
到達目標(3)について:中間レポート、学期末試験、平常点
到達目標(4)について:中間レポート、学期末試験、平常点
到達目標(5)について:中間レポート、学期末試験、平常点

到達目標(6)について:平常点

履修条件 特になし

授業時間外学習の指示 事前にアップされたレジュメに沿って予習をすることと、講義後にアップされた解説を読んで復習すること。
質問への対応方法 授業時(zoom利用)及びCANVASを用いて随時
その他の注意

欠席する場合には、事前にメール等で連絡すること。無断欠席(事前または事後遅滞なく欠席の理由を連絡しないで欠席すること)をした場合には、成績評価において考慮される。
5回以上欠席した場合には、理由のいかんを問わず、単位を付与しない。

名古屋大学におけるCOVID-19問題についての下記の指針を参照すること(とくに「5.学生の入構制限」に注意)。

http://www.law.nagoya-u.ac.jp/_userdata/20200409shishin2.pdf

(なお、「方針」における警戒カテゴリー・レベルは更新される―上記のものはあくまで4月9日現在のものである―ので、名古屋大学HP(トップページ)にある「新型コロナウィルス感染症(COVID‐19)における名古屋大学の活動方針」を随時確認するようにすること。)

 

1

ガイダンス

民事訴訟法総論(1)
4/22

〔1〕民事訴訟制度の目的や基本構造について説明する。
〔2〕民事訴訟とADR、執行との関係
〔3〕民事訴訟手続の基本的な流れ

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。 受講に際しての注意事項等について説明をする。
2 民事訴訟法
総論(2)
4/28
〔1〕民事訴訟と憲法
〔2〕民事訴訟と民法
〔3〕訴訟と非訟
〔4〕審判権の限界

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

3 裁判所
5/12

〔1〕民事裁判権と管轄権

〔2〕事物管轄と土地管轄

〔3〕裁判所の中立

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

4 訴えと訴訟の対象
5/13

〔1〕訴えとは
〔2〕訴えの3類型
〔3〕訴訟物

〔4〕請求の特定

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

5 訴えの利益(1)
5/19
〔1〕訴えの利益とは
〔2〕給付の訴え(将来給付の訴え)の訴えの利益

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

6 訴えの利益(2)
5/20

〔1〕確認の訴えの訴えの利益

〔2〕形成の訴えの訴えの利益

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

7

当事者(1)
5/26

〔1〕民事訴訟における当事者概念
〔2〕当事者の確定

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

8 当事者(2)
5/27

〔1〕当事者能力について

〔2〕訴訟能力について

〔3〕訴訟代理について

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

9 当事者(3)
6/2

〔1〕当事者適格とは

〔2〕当事者適格の原則

〔3〕第三者の訴訟担当

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

10 提訴後の手続
6/3

〔1〕訴状審査
〔2〕送達の種類

〔3〕送達の瑕疵と救済

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

11 提訴・訴訟係属の効果(1)
6/9

〔1〕実体法上の効果
〔2〕訴訟法上の効果(重複訴訟の禁止の判断基準)

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

12

提訴・訴訟係属の効果(2)

6/10

 重複訴訟の禁止(応用)

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

13 訴訟における審理(1)
6/16
〔1〕弁論主義とは(審理における裁判所と当事者の役割分担)
〔2〕職権探知・調査

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

14

訴訟における審理(2)

6/17

〔1〕弁論主義の適用される事実

〔2〕裁判上の自白

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

15 訴訟における審理(3)
 6/23
 弁論主義と釈明

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

16 中間レポート
 6/24

 範囲等は追って指示する。
17 手続の進行と口頭弁論(1)
6/30

〔1〕職権進行主義

〔2〕口頭弁論の諸原則

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

18 手続の進行と口頭弁論(2)
 7/1

〔1〕不熱心な訴訟追行への対応

〔2〕手続の停止と中断・受継

 事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

 

19

手続の進行と口頭弁論(3)

7/7

 争点整理手続

 

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

20 証拠の収集と証拠調べ(1)
7/8

 提訴前の情報及び証拠の収集と方法

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

21 証拠の収集と証拠調べ(2)
7/14

 証拠調べの手続(総論)

 

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

22 証拠の収集と証拠調べ(3)
7/15

〔1〕証拠調べの手続(各論)
〔2〕証人尋問と書証(文書提出命令)

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

23 証拠の評価と証明責任(1)
7/21
〔1〕自由心証主義
〔2〕証明度

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

24 証拠の評価と証明責任(2)
7/22

〔1〕証明責任とは

〔2〕証明責任の分配

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

25

証拠の評価と証明責任(3)

7/28


 立証負担の軽減

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

26 訴訟の終了(1)
7/29

〔1〕当事者による訴訟終了

〔2〕訴えの取下げと訴訟上の和解

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

27 訴訟の終了(2)
8/4

〔1〕終局判決による訴訟の終了

〔2〕判決の種類と効力

〔3〕申立事項と判決事項

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

28 既判力(1)
8/5

 既判力(総論)

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

29 既判力(2)
8/11
 既判力の客観的範囲

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

30 既判力(3)
8/12
 既判力の主観的範囲

事前の資料に従って予習し、授業の際に示される資料及び解説を用いて復習すること。

判例については事案と判旨をまとめておくこと。

課題(理解度確認問題)を提出すること

31 期末試験・講評

期末試験及び講評

範囲については追って指示する。

 

※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/HPXNHB

コースサマリー:

日付 詳細