コース要綱

:法情報ガイダンス

[講義基本情報]

教員: 高橋 祐介
その他の教員:
科目種別: なし
開講時期: 入学時(4月8日(土)9:30-12:00)
対象年次: 1年全員(3年コース・2年コース)
開講時限:
単位数: 0
必修の有無: 必修
教室:

 

講義概要 この講義では、法曹として必要な情報収集・活用能力の修得のための基礎的な学習を行う。本法科大学院では、シラバスシステム(Canvas)を中心として、Webを利用した双方的な授業展開や課題作成・提出、データベースや学ぶ君システムを利用した自習ができることが至極当然のこととされ、それを基礎として各授業科目の特性に応じた情報検索能力や文書作成能力が求められるようになっている。そのため、法曹としての情報収集・活用能力の基本的知識の修得と実習は、法科大学院での講義を効率的に履修する上でも不可欠である。この講義では、本法科大学院のシステムを利用した情報収集の実習も行う。なお、シラバスシステムや学ぶ君システム利用方法は、本ガイダンス同日午後開講の新入生ITガイダンスで取り扱う。
到達目標 1 法曹として必要な情報収集・活用に関する基礎的な知識・能力の修得。
2 講義の履修に必要な情報収集・活用能力の修得。

教科書 特になし。資料を配布する。
参考書・参考資料 特になし。
成績評価方法 成績評価の対象ではない。
履修条件 3年コース・2年コースの入学生全員が入学時に受講すること。本ガイダンス開講同日の午後14時から行われる新入生ITガイダンスも必ず受講すること。
その他の注意  科目ごとに要請される文献資料の調査方法、基本的な文書作成方法については、入学年度の前期に配当される法律基本科目の授業の際に講義・実習が行われるので、該当科目の講義計画を参照のこと。
 裁判実務のための法文書作成については、実務基礎・必修科目「民事実務基礎Ⅱ」「刑事実務基礎」で、企業法務のための法文書作成については展開・先端科目「企業法務」の中で学習する予定である。

 

1 4月8日

法情報ガイダンス

①総論(法情報の収集の仕方や引用の仕方等)
②科目ごとの法情報のとらえかた、活かし方
③法情報収集の実習
*TKC(LEX/DB)や判例体系等のデータベース利用を念頭に置く。利用上の注意についても言及する予定。

レジュメをあらかじめ読んでおき、レジュメ内にある簡単な予習問題に答えておくこと

  ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/P9BYRJ

Assignments Summary:

日付 詳細