コース要綱

2017演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(金子敬明)
[講義基本情報]

教員: 金子 敬明
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年・3年・4年
開講時限: 金5
単位数:
必修の有無:
教室:

 

演習概要 民法の判例を読む。最高裁のものが多くなる予定。個人または2~3人のグループで、判決の事案と判旨の紹介、その判決についてどのようなことが言われているか、をまとめて報告してもらい、それをもとに参加者全員で議論する、というオーソドックスな形式を考えている。
到達目標 民法の講義で勉強したことがどのように実践されているかを体感すること。1つの判例を「理解した」といえる状態に達するためにはどれくらいの汗をかかねばならないかを実感すること。
教科書 普通の意味での教科書はない。扱う判決の判決文がこの演習の「教科書」にあたるといえるが、それは電子的に配布する。
参考書・参考資料 それぞれの判例について、適宜指示する。
成績評価方法 ゼミへの貢献を総合的に評価する。
履修条件 特にないが、「その他の注意」参照。
その他の注意 判決を読むのはなかなか大変で、特に最高裁の判決について、第1審・原審・上告理由まで含めて丁寧に読んでいくとすると、それなりの時間がかかるが、それを厭わないことが必須である。また、定刻(6時)を過ぎて延長することもありうるので、留意すること。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 ガイダンス ガイダンス、報告担当者の決定
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

 

Assignments Summary:

日付 詳細