コース要綱

講義名
[講義基本情報]

教員: 松田貴文
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年3年4年
開講時限: 金5
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要

 本演習では、民法の重要論点に関する判例や論文をもとに受講生自身が報告・議論を行うことを通じて、講義で学習した知識をより深く理解し、それらの知識に基づいて自ら考え、自分の意見を他人にわかりやすく伝えることのできる能力を身につけることを目的とします。

 基本的には教員が示したテーマや判例について各自が調査・研究をした上で報告し、全員で議論するというスタイルを取ります。ただし、受講生の関心に応じて扱うテーマ・判例や進め方については変更することがあります。

到達目標 1.講義で得た民法に関する知識をより深く理解する。
2.民法に関する具体的問題や争点に関して、何が問題なのか、なぜ問題なのか、問題に対してどのように考えるか、それはなぜか、といったことを自ら考え、他人に分かるように表現することができる力を身につける。
3.さまざまなものの見方に接して自分の立場を相対化し、自分自身のものの見方を打ち立て、現実の社会的問題を批判的に分析できるようになること。
教科書 指定なし。
参考書・参考資料 判例や文献を各自で収集してもらいます。情報収集の方法については、演習の中で説明します。
成績評価方法 出席・報告・発言・講義に臨む姿勢等を総合的に評価します。
毎回の出席が原則です。
履修条件
その他の注意

演習では、講義よりも扱う対象を広げるのではなく、同じ素材について徹底的に考え抜くということを意識してください。その結果、条文や教科書を睨んでいただけでは答えが出てこないことが分かると思います。そのときにどうするのか、他人を説得するにはどうしたらいいのか、しっかり悩んで欲しいと思います。本演習では、相手がどんなに非常識な反論をしてきても、それに対して非難をすることは認めません。筋道を立てて批判を行ってください。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/6D7WK9

Assignments Summary:

日付 詳細