コース要綱

2016ロシア法研究(ロシア民事司法の動向) Studies in Russian Law A

[講義基本情報]

教員: 佐藤 史人  Fumito Sato
その他の教員:
科目種別: 演習     Seminar
開講時期: 前期     1st semester
対象年次:
開講時限: 火3
単位数: 2
必修の有無:
教室: アジア法交流館 セミナー6

 

講義概要

Course outline

本年度のゼミナールでは、「ロシアにおける法の解釈」をテーマとし、主に民事訴訟および仲裁訴訟手続を中心に法源や、最高裁判所総会決定などについて論じたロシア語論文を検討します。

The main topic of this seminar is about interpretation of law in Russia. We will deal with some issues like disputes over sources of law or the role of leading explanations of Supreme Court in Soviet and Contemporary Russia.

到達目標

Course objective

このゼミナールの到達目標は、ロシアにおける法解釈の特質を検討することを通じ、何が問題であるのかを発見する能力、およびその分析結果が他の国(とりわけ旧ソ連の連邦構成共和国)にとってどのような意義をもちうるかを比較検討する能力を身につけることです。

The main purpose of this seminar is to provide skills to discover the essential topics and to improve abilities to apply research findings on Russian Law to other countries (especially the former Soviet Republics).

教科書

Textbooks

ありません。授業中に必要な資料を配布します。

None. Related materials will be distributed in the seminars.

参考書・参考資料

Additional references

Марченко М.Н. Источиники права. Учебное пособие 2-е изд. М., 2014.

成績評価方法

Evaluation

ゼミナールでの報告および発言の内容により成績評価を行います。

Reports and active participation in discussions.

履修条件

Prerequisites

体制移行国の司法制度に関心があり、しかもロシア語を読むことができる院生(留学生は大歓迎)の参加を期待します。

Students are expected to be interested in judicial systems of transitional countries and to have Russian reading skills.

その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1

Assignments Summary:

日付 詳細