コース要綱

2017特別講義・演習(憲法理論の原点と現点) Special Lecture and Seminar (Contemporary Constitutional Theory)

[講義基本情報]

教員: 本 秀紀 MOTO Hidenori
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 後期
対象年次:
開講時限: -
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要 現代日本社会における複雑多岐にわたる憲法現象とその変容に対し、日本の憲法学がいかなる理論的対応を試みているかを、最新の基本文献を素材として主要問題領域ごとに検証する。学部と合同の演習なので、法学部シラバスの該当欄も参照すること。

到達目標 1.現代憲法学の理論的蓄積と到達点を把握することができる。
2.それを通じて、研究能力および総合的問題処理能力の涵養を図る。

教科書 なし

参考書・参考資料 各回ごとに指示する。

成績評価方法 報告内容(50点)と討論への参加態度など(50点)を総合的に評価する。
総合点59点以下をD(不合格)、60~69点をC、70~79点をB、80~100点をAとする。

履修条件 とくにないが、主体的に研究する意欲のある院生の参加を希望する。
法学部の専門科目で憲法を学修していない者は、学部の憲法関連科目を並行して履修することが望ましい。

その他の注意 大学院の演習なので、毎回出席することは当然の前提である。参加院生には、学部学生に対する学問的アドヴァイスも期待されている。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

打ち合わせ 4/14(金) 5限
文系総合館302/303教室

今年度の演習開催形態について

 

Assignments Summary:

日付 詳細