コース要綱

2017 比較国政論

教員: 大河内、國分、佐藤、鮎京
その他の教員:
科目種別:
開講時期: 前期
対象年次: 3,4
開講時限: -
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

講義概要 「人権の裁判的保障」という視点に立ち、西欧諸国から(旧)社会主義諸国・アジア諸国までを射程に入れ、各国の憲法の特徴を描く。その際、それぞれの国で当該憲法規範が形成されるに至った歴史的・社会的背景にも目配りをする。これらの学修を踏まえ、日本社会における憲法のあり方をより立体的・複眼的に考察できるようになることが、本講義の目標である。講義は4人の講師によるオムニバス形式で行う。
到達目標
  • 比較憲法の専門的知識を身につけること。
  • 比較法的な視点から日本国憲法を総合的に分析する能力を身につけること。
教科書 特に指定しない。適宜レジュメおよび資料を配布する。
参考書・参考資料 受講生は、高橋和之編『[新版]世界憲法集 第2版』(岩波文庫、2012年)を用意すること(本書に掲載されている諸憲法は、講義資料としては配付しない)。他の憲法集(たとえば初宿・辻村編『新 解説世界憲法集』(三省堂)をすでに持っている場合は、それを利用してもよい。
成績評価方法 平常点(40点)と期末レポート(60点)の合計で評価する。平常点は、講義各回への「感想・質問用紙」の提出によって採点する。詳細は開講時に支持する。
履修条件 特になし。憲法Ⅰおよび憲法Ⅱを履修していることが望ましい。
その他の注意 先進国・途上国を問わず、多くの国々の憲法を取り上げるので、世界各国の事情に関心をいだきつつ受講することを期待する。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 4/14  ガイダンス/イントロダクション
2 4/21  イギリス
3 4/28  アメリカ(1)
4 5/12  アメリカ(2)
5 5/19  フランス
6 5/26  ドイツ
7 6/2  社会主義
8 6/6(火)  東欧
9 6/16  体制移行国
10 6/23  東南アジア[ベトナム](1)
11 6/30  東南アジア[ベトナム](2)
12 7/7  韓国(1)
13 7/14  韓国(2)
14 7/21  まとめ
15 7/28or8/4   レポート提出

 

*本講義へのメンバー登録を必要とする学生は、下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」をクリックします。レジュメ等をダウンロードするには、メンバー登録が必要です。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/K8MYXR 

Assignments Summary:

日付 詳細