コース要綱

2016現代比較法基礎研究ⅠB(体制移行国における憲法裁判)

[講義基本情報]

教員: 佐藤 史人     Fumito Sato
その他の教員:
科目種別: 演習     Seminar
開講時期: 後期     2nd Semester
対象年次:
開講時限: 月5
単位数: 2
必修の有無:
教室: アジア法交流館    セミナー4

 

講義概要

ソ連・東欧諸国における社会主義体制の崩壊の後、この地には新たな憲法体制が誕生した。この重大な社会的転換は、憲法において人権を最高の価値と宣 言し、憲法裁判所を設置した点によく表れている。しかし、現在、中東欧諸国あるいはかつての旧ソ連構成諸国において、このような憲法上の変容に対する激し い抵抗が生じている(例えば、ロシア、ハンガリー、ポーランドなど)。さらに、西欧諸国においても現代立憲主義の価値に対する懐疑的な姿勢が見られるよう になっている。このゼミナールでは、「拡大欧州」で近年生じているこのような憲法上の問題について検討を加える。

After the demise of the socialist regimes in the USSR and Eastern Europe, new constitutional orders emerged in this area. This profound social transformation was well represented by declaring human rights to be the highest value in their constitutions and establishment of the Constitutional Courts. But now we witness harsh “back rash” against such constitutional changes among Eastern and Central European countries and former Soviet Republics. At the same time, such skepticism about values of modern constitutionalism is also observed in Western European Countries.
This seminar will examine such constitutional issues that have recently unfolded in the “enlarged” Europe.

到達目標

Course objective

このゼミナールの到達目標は、近代法の基本的概念を歴史的に理解する能力を身につけることです。

The main purpose of this seminar is to give students skills to appreciate basic concepts of modern laws from historical viewpoint.

教科書

Textbooks

とくにありません。

None.

参考書・参考資料

Additional references

授業中に必要な資料を配布します。

Related materials will be distributed in the seminars.

成績評価方法

Evaluation

このゼミナールでの報告および発言の内容により成績評価を行います。

Reports and active participation in discussions.

履修条件

Prerequisites

なし

None.

その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 

 

Assignments Summary:

日付 詳細