コース要綱

2017税財政法研究(地方税の諸問題)Studies in Tax and Public Financial Law

[講義基本情報]

教員: 高橋祐介 Yusuke Takahashi
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar 
開講時期: 秋学期 Fall Semester
対象年次: 全学年 M1&M2
開講時限: -
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

講義概要  本授業は、地方税及びその根幹を支える所得課税制度(法人所得税含む)の基礎理論につき文献購読形式で学ぶ。参加者のレベルによっては、レジュメに基づいた授業形式を行うこともあるが、基本的に外国文献を購読する予定である。
到達目標  地方税の基本的知識と現在のトピックを理解し、研究能力及び総合的な問題処理能力を涵養する。

教科書  参加者のレベルによって決定する。
参考書・参考資料  詳細は初回の授業で指示する。外国文献の選択に当たっては、参加者の語学能力を吟味する予定である。
成績評価方法  受講態度によるが、報告と発言の主体はあくまで受講者自身である。積極的に授業運営に参加しなければ、授業参加は認められない。
履修条件  学部レベルの租税法の知識と日商簿記2級以上の知識を有していることを要する。
その他の注意  負担が重いので、その旨覚悟して臨むこと。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 授業に関するガイダンス 本授業を履修する上でのガイダンス、テキストなどについて説明を行う。講義形式で行う場合には、レジュメを配布する。
2 講義・口頭試問・報告等。 講義形式であれば、講義と口頭試問、課題により授業を進める。文献購読の場合には、報告と討論により授業を進める。

Assignments Summary:

日付 詳細