コース要綱

2017日本法制史基礎研究A(近世・近代の法と社会)

Fundamental Studies in Japanese Legal HistoryA(Law and Society in Tokugawa and Modern Japan)

[講義基本情報]

教員: 神保文夫 JIMBO Fumio
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 前期 1st semester
対象年次: 前期課程・後期課程 MC/DC
開講時限: 金5 Fri 5
単位数: 2
必修の有無:
教室: 文系総合館411

 

講義概要

前半(A)は近世・近代法制史に関する基本的な文献・史料を読み、法制史研究の対象・方法・目的・意義等について理解を深める。後半(B)は、各人が任意のテーマを選んで調査・研究を進め、その成果を順次発表する。学部の演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと共通。

The first half (A):Reading  basic books and historical materials on Tokugawa and modern Japanese law for understanding of the objects, methods, aims and significance of legal history. The second half (B): Students are required to make presentations of their own research on legal history. (A) and (B) are united.

到達目標 法制史研究の目的・意義等をよく理解し、具体的なテーマについて研究をまとめ、発表する能力を養う。
教科書 なし。
参考書・参考資料 講義の中で適宜紹介する。
成績評価方法 毎回の報告、討論、期末の研究発表等を総合的に評価する。
履修条件 A・Bの通年履修を原則とする。
その他の注意 とくになし。4月14日開講。

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 1

 

 

Assignments Summary:

日付 詳細