Course Syllabus

2017法社会学特殊研究(法社会学文献講読)Special Studies of Legal Sociology

[講義基本情報]

教員: 原田綾子 Ayako Harada
その他の教員:
科目種別: 演習 Seminar
開講時期: 前期 Spring
対象年次:

研究者養成、応用法政、国際法政(日本語または英語)Graduate Students of Law

開講時限: 木3 Thu3
単位数: 2
必修の有無:
教室: Bunkei Sogo Kan 409-410

 

講義概要


法社会学的視点からなされた内外の研究文献を講読する。文献は英語の場合と日本語の場合がある。文献のテーマは受講者の関心も考慮して決める。受講生の構成によっては、プレゼンテーションとディスカッション、レポート執筆は英語によることとする。

Students will pick one or more articles for presentation from the reading list provided by the lecturer.

Students will do a presention summarizing and critically discussing the content of the article chosen.

Students will write a after-presentation report. 

 

到達目標 法社会学研究のための基礎的な力を身につける。Develop basic skills and gain knowledge to conduct your own socio-legal study on law.
教科書 講義概要に上げた文献を教科書とする。Reading list will be provided.
参考書・参考資料 必要に応じ講義中に挙げる。

成績評価方法

報告の充実度、ディスカッションへの貢献度、レポートのクオリティによって評価する。

Attendance, quality of presentation, discussion participation, and after-presentation report

履修条件 Recommendation: Japanese Law and Society course in Fall semester (before or after taking this course)
その他の注意

Email the lecturer in advance of the first session. aharada@law.nagoya-u.ac.jp

 

必ず講義開始前に担当教員に連絡し、受講意思を伝えること。
メールアドレスはaharada@law.nagoya-u.ac.jp

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 オリエンテーション Orientation
2
3
4

 

5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

 

Assignments Summary:

Date Details