コース要綱

2017法社会学基礎研究ⅡB(日本社会と法)Fundamental Studies in Legal Sociology ⅡB

[講義基本情報]

教員: 原田綾子
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 後期
対象年次: 研究者養成、応用法政、国際法政(日本語)
開講時限: 木5
単位数: 2
必修の有無: なし
教室:

 

講義概要 現代の日本では、子どもをめぐってさまざまな問題が生じている。家庭生活における問題としては、児童虐待事件が増加の一途をたどっているほか、父母の離婚によって精神的・経済的に打撃を受ける子どもも多くなっている。健やかな成長の基盤となる家庭生活が不安定化・脆弱化する中で、子どもの利益をいかに守るかということが課題となっているのである。また、いじめ、体罰、児童買春、児童ポルノなど、子どもは様々な暴力の被害者となっている。これらの暴力を防止し、子どもを被害から守ることも(いじめについては加害者化を防ぐことも)、われわれの社会が取り組むべき喫緊の課題である。
本演習では、現代の日本社会において、子どもをめぐってどのような問題が発生しているのか、それぞれの問題への対応において法システムがどのように機能することが求められるのか、法システムと隣接専門領域とのあいだにどのような役割分担がなされているか、法システムの問題点や課題は何か、といったことについて学習する。受講生の希望に応じて、上に挙げた諸問題のほか、生殖補助医療、社会的養護(施設・里親)、養子制度、子育て支援など、子どもに関連する問題を広く取り上げる予定である。

到達目標 受講者間で分担を決め、それぞれの問題の現状、それに対応するための法システム(法律や法制度)、隣接専門領域(児童福祉制度など)と法システムとの関係、法システムの実情と課題などについて、文献を調べ、報告してもらう。問題の理解を深めるためにフィールドワークを実施し、それに基づいて報告を行うことも奨励する。報告に対し、受講者全員でディスカッションを行う。各人の積極的な発言を期待する。これらの作業を通して、日本社会と法システムについての理解を深め、それに対する自らの意見をまとめることを目標とする。
教科書 ゼミで扱う文献は適宜指定する。

参考書・参考資料 ゼミで扱う文献は適宜指定する。

成績評価方法 ゼミでの報告およびディスカッションへの参加度,、レポートで評価する。

履修条件
その他の注意 受講を希望する大学院生に関しては個別にガイダンスを行いますので、できる限り早く原田(aharada@law.nagoya-u.ac.jp)まで連絡すること。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ

 

Assignments Summary:

日付 詳細