コース要綱

2017 民事訴訟法研究A(民事手続法の諸問題)Studies in Civil Procedure A

[講義基本情報]

教員: 村上 正子 MURAKAMI Masako
その他の教員:
科目種別: 演習
開講時期: 前期
対象年次:
開講時限: 火3
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

講義概要

民事訴訟法の裁判例を使用して,基礎概念の理解を図る。
最近の裁判例の傾向について議論を通じて,理解する。

The aim of this course is to give an overview of basic concept about the law of civil procedure using court cases and to help students to understand the recent trend of court cases through reading some material written in English and the discussion in the class.

到達目標

日本の民事司法制度について、米国の制度と比較的視点で書かれた英語の文献を購読する。それによって、日米それぞれの民事司法制度についての基本的な考え方を理解すると同時に、その背景にある考え方の異動を認識できるようにする。

教科書 具体的には講義において指示する。
参考書・参考資料 講義において適宜指示する。
成績評価方法 講義における報告や発言を評価する。
履修条件 特にない。
その他の注意

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

 

Assignments Summary:

日付 詳細