コース要綱

2017演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(齊藤彰子)

[講義基本情報]

教員: 齊藤彰子
その他の教員: -
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: 木5
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要  

 演習は、担当者による報告に基づく議論という形で行います。テキストは、各回ごとに、設例、Checkpoints、Lecture、Materialsからなっており、Checkpointsにおいて、設例において特に注目すべき重要な事実や、検討に値する法的問題が、Lectureにおいて、判例・通説に基づく、設例についての簡単な解説が、Materialsにおいて、設例を検討するうえで参考となる判例・文献が挙げられています。報告では、CheckpointsおよびLectureを参考に、設例に含まれる刑法上の問題点を抽出して、解説を加えたうえで、最後に、報告者自身の考えを述べてもらいます。以上のような報告の後、テキストおよび報告の内容について、疑問点、意見等を出席者から出してもらい、議論します。

  また、通常の演習の時間外の行事として、例えば、他の刑事法ゼミと合同で、刑事施設や裁判所、警察機関等の見学、例年11月下旬から12月上旬に開催される東海学生刑法学会(名古屋圏の諸大学の刑法、刑事訴訟法ゼミ学生による合同討論会)への参加などを予定しています。これらも演習の一環として行うものですので、これらへの参加意欲のある方の受講を期待します。

到達目標  法律の学修には、基本的な法的概念や重要論点の理解が必要であることはもちろん、それを前提としたうえで、それらを具体的な事例に適用して妥当な解決を導く能力を身につけることもまた必要です。そこで、下記テキストを素材として、刑法における重要問題についての理解を深めるとともに、具体的な問題解決のための思考力を涵養することを目標とします。
教科書  井田良・佐伯仁志・橋爪隆・安田拓人『刑法事例演習教材〔第2版〕』(2014.12、有斐閣)
参考書・参考資料  必要に応じて、授業中に指示します。
成績評価方法  出席、報告、進行、発言など、演習への積極的な参加を評価します。
履修条件  特になし。
その他の注意  初回に、報告担当者を決めますので、あらかじめテキストを購入のうえ、初回に持参してください。報告は、各学年1名ずつの3人一組で、毎回一組ずつ行ってもらう予定です。報告準備の際には、3、4年生は、講義で初めて刑法を学びながらゼミを受講する2年生をしっかりとサポートしてください。報告準備における検討で、報告者間で意見がまとまらなかった場合、疑問が解消しなかった点などについては、そのことを率直に報告することも、演習における議論の素材を提供する意味で、有益だと思います。
 受講生は、ゼミ前にテキストを一読し、理解できなかった部分を明確にしたうえでゼミに臨み、予習段階での疑問点をすべて解消してから帰ることを目標に、ゼミでの議論に積極的に参加して欲しいと思います。予習の際には、CheckpointsおよびLectureを読む前に、設例について、どのような法的問題が含まれ、どのように解決すべきかを、まず自分で考えてみるようにして下さい。

 

 

Assignments Summary:

日付 詳細